updetedエラー収束1-k

Twenty Fourteenの構造化データのエラーを無くす

いつも「みなラボ」にアクセスいただいてありがとうございます!(´∀`*)ノシ

↑みなラボのページに「いいね!」はコチラから↑(>∀<)ノ☆ 


こんにちは!や~べ~です。

天気のいい日が続いているGWみなさんはいかがお過ごしでしょうか?

自分は今年初BBQをやりましたよ~!肉が旨かった!!

いやぁ、この時期でも日焼けするもんですね~。首回りが日焼けでかゆいっす。。。。^^

 
さてさて今回は、「Google Search Console」に表示される「構造化データのエラー」修正する方法を記事にしていきます。

WordPressの「Twenty Fourteen」というテーマでの実践例です。

気のせいかもしれませんが、構造化データの修正をした後の方が、若干検索順位やアクセス共に上昇したように感じたので、自分としては修正しておいた方が良いように思います。
(※ネット上には、構造化データはSEOに影響ないという情報の方が多いですが・・・)

 
「Google Search Console」は↓の参考記事でも説明していますが、簡単に言うとWebサイトの状態を管理する為のページになっています。

参考記事:さあ始めよう!なせば成る「0から始めるwordpressサイトづくり」

Googleから色んな情報が提供されているのですが、今回は「構造化データ」について話を進めます。

 
構造化データとは、GoogleのクローラーにとってWebページを分かりやすくする為の「entry-title」、「updated」、「author」の3つのデータの事で、Web上の各ページ内に記述しておくことを推奨されています。
※クローラーとは、世界中のWebサイトを巡ってサイトをインデックスしているアルゴリズムのこと。
※「entry-title」はタイトル、「updated」は更新日の情報、「author」は編集者の情報。

 
自分の使っている、WordPressテーマの「Twenty Fourteen」には、「updated」、「author」の二つの記述抜けがあり、記事を書けば書くだけエラーが増えていく状態でした。(WordPress純正のテーマなんですけどね。。。)

 
そこで、それぞれページ毎に「updated」、「author」データが記述されるように、テーマ内のファイルを編集してみました。

 
テーマを変更する前には、必ずバックアップを取って、すぐに復旧できるように準備してから作業を始めて下さい。
自己責任でお願いします!

バックアップ、復旧方法はコチラの記事を参考にしてみて下さい↓

参考記事:簡単!BackWPupでWordPressをバックアップする方法

参考記事:WordPressバックアップを使ってサイトを復旧する方法

 

スポンサーリンク

Twenty Fourteenの構造化データのエラーを無くす方法

 
テーマ内のtemplate-tags.php、widgets.php、content-featured-post.php、content-page.phpの4つのphpファイルを編集することで、構造化エラーを0にできます!

※All-in-One Event Calendar by Time.lyというプラグインのイベントページでエラーが出ている場合には、content.phpを編集することで対策できます。

 

1.template-tags.php (inc/template-tags.php)

※「updated」を追加する。

の数行下あたりにある、

の部分のprintfの行の

time class=”entry-date” datetime= に updatedを追加して

time class=”entry-date updated” datetime= と記述する。

↓の様に記述する。

 

2.widgets.php(inc/widgets.php)

※「updated」を追加。

の数行上にある、

の部分のprintfの行の

time class=”entry-date” datetime= に updatedを追加して

time class=”entry-date updated” datetime= と記述する。

↓の様に記述する。

 

3.content-featured-post.php

※「updated」「author」を追加。

のすぐ上あたりに↓の記述を追加する。

 

4.content-page.php

※「updated」「author」を追加。

のすぐ上あたりに↓の記述を追加する。

 

5.content.php(All-in-One Event Calendar by Time.lyというプラグインのイベントページでエラーが出ている場合の対策)

追記(2016.05.09)しました!

※「updated」「author」を追加。

のすぐ下あたりに↓の記述を追加する。

※このcontent.phpに追加するコードは、他のコードと違い、autherもdisplay:noneを追加しています。

 

スポンサーリンク

まとめ

「構造化データのエラー」修正の反映には少し時間がかかるので、こんな感じで緩やかにエラーが消えていきます。↓

updetedエラー収束1-k

 
以上で、WordPressテーマ「Twenty Fourteen」の構造化データのエラーを無くすことができます。

構造化データエラーが出ている方はぜひ試してみてくださいね!

 
以下、参考にさせていただいたサイトです。

参考サイト1:infoScoop開発者ブログ

参考サイト2:リフLOG

 
↓ランキング参加してます!よろしければ、クリックで応援して下さいっ!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 
↓こちらもお願いしますっ!

人気ブログランキングへ

 

 

最後までお読みいただいて、ありがとうございます。

もしこの記事を気に入っていただけたなら、SNSで共有していただけると、とても嬉しいです!どうぞ、よろしくお願いいたします!m(_ _)m

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『みなラボ』をフォローしよう!

Feedly、RSSはこちら!!

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です