【WordPress高速化】キャッシュ系プラグイン追加とheader整理で表示速度を『約6秒』速く改善させた8つの方法

いつも「みなラボ」にアクセスいただいてありがとうございます!(´∀`*)ノシ
↓「ブログランキング」と「ブログ村」の2つのランキングに参加しています!クリックで応援していただけると、もの凄く励みになります!↓(∩´∀`)∩ ※右クリック「新しいタブで開く」が非常に便利です♪

 
ブログランキング・にほんブログ村へ

※↑それぞれのクリックで「みなラボ」へ1票&「みなラボ」のランキング状況を確認いただけます! 


こんにちは!や~べ~です。

 
今回は、【Wordpress高速化】キャッシュ系プラグイン追加とheader整理で表示速度を『約6秒』速く改善させた8つの方法、ということで記事を書いていきたいと思います。

 
まずは、表示速度を計測した結果を発表させていただきますっ!

「Pingdom Website Speed Test」↓で速度計測しました!
https://tools.pingdom.com/

 
<改善前>17.64s

改善前

 
<改善後>10.62s

改善後

 
そもそもの表示速度がどんだけ遅いの!と突っ込まれそうな表示速度で恐縮なのですが、数字でいくと、約17秒⇒約11秒の約6秒も表示速度が速くなっています!

立ち上げて間もないWordpressサイトの表示速度を改善する方法としては、かなり有効なのではないかと思いますので、参考にしていただけばと思います。

 
それでは内容に入っていきたいと思います。

※Wordpressテーマ「TwentyFourteen」での実施例になります。

 

スポンサーリンク

WordPressプラグインとheader整理で表示速度を改善する8つの方法

headerの整理とプラグインを追加する方法がありますが、まずはheader内の整理を解説していきたいと思います。

 
参考にさせて頂いたサイト↓

WordPress(ワードプレス)カスタマイズの基本!初心者必読のテーマ・テンプレートやウィジェット等のカスタマイズ

https://viral-community.com/wordpress/wordpress-customize-4986/

バイラルクラブ11

 

編集の前に!

テーマの編集をする前には、必ずバックアップをとっておきましょう!

簡単なバックアップの取り方は↓の記事を参考にして下さい。

簡単!BackWPupでWordPressをバックアップする方法
https://share-lab.net/backwpup1

 
併せて、簡易的なサイトの復旧方法↓も参考にしてみて下さい。

WordPressバックアップを使ってサイトを復旧する方法
https://share-lab.net/wp-restoration1

(特に、function.phpを編集する時は注意して下さい。編集を失敗すると、画面が真っ白になってブラウザからアクセス出来なくなります。その時は、FTPソフトで復旧します。↑の記事に復旧方法を解説しています。)

 

スポンサーリンク

1.「XFN」を削除する。

「XFN」とは、リンク先ページとの関連性を明記することができる仕組みなのですが、Googleは、すでにこのサービスを終了しており、今では意味のないものとなっています。

 
変更ファイル⇒header.php

上から30行目付近

 

 
↑このようにコメントアウトしましょう!

 

スポンサーリンク

2.「ピンバック(pingback)」を削除する。

ピンバック(pingback)とは、Wordpressサイトどうしのみ有効な簡易トラックバック機能で、記事内にURLを書くと、自動的に引用元の相手に通知が送られます。

相手に承認されることが出来れば、被リンクを獲得できてとても有効なのですが、サイトを運営されている方みなさんほぼ使われて無い機能のようなので、削除してしまっても問題ないと思います。

 
変更ファイル⇒header.php

上から31行目付近

 

 
↑このようにコメントアウトしましょう!

 
他サイトでは、ピンバックを有効に使う方法も解説されています。参考まで↓

WordPressのピンバックの設定方法

https://bazubu.com/how-to-setup-wp-pingback-23789.html

pinback11

 
っと、この上記2つの方法を実行しただけで、サイトが異様に速くなりました。。。体感2倍速くらい。^^

 

スポンサーリンク

3.RSSのコメントフィード配信を削除する。

記事をRSSで取得される方はいますが、コメントをRSSで取得される方はまずいないと思いますし、あまり必要性を感じられないので、削除されることをオススメします。

 
変更ファイル⇒functions.php

上から74行目付近

 

 
↑このようにコメントアウトしましょう!

 
それと、↓のソースを文末に追加しましょう!

 

 
変更ファイル⇒header.php

上から25行目付近

 

 
のすぐ下に

 

 
↑を追加しましょう!

 

4.ショートリンクを削除する。

WordPressでは、パーマリンクで設定したURL以外にも、短縮されたURLを使用することができます。

しかし、このショートリンク機能も特に必要ないので、削除してしまいましょう!

 
変更ファイル⇒functions.php

 
↓のソースを文末に追加しましょう!

 

 
3と4を実行すると、サイトがさらに速くなっている印象⇒さらに1.2倍速くらい!

 

5.GoogleFonts(Webフォント)へのアクセスを無くす。

デフォルトでは、GoogleのWebフォントを利用するために、毎回「fonts.googleapis.com」へアクセスしています。

このGoogleのWebフォントを利用してない場合には不要なので、アクセスしないように変更しましょう!

 
変更ファイル⇒functions.php

上から232行目付近

 

 
のすぐ下の

 

 
↑をこのようにコメントアウトしましょう!

 
とは言っても、Webフォントを上手く利用している情報も欲しいと言う方にはコチラ↓

 
Google Fontsの使い方。WordPressでテーマデザインのワンポイントに!

https://nelog.jp/google-web-font

googlefonts11

 
う~ん、上手く使っている情報を見ると、削除し辛いですね~。

まぁ、今利用してないならば一度削除して、使う時にまた設定し直すのも有りかと思いますが。

 
5を実行すると、サイトがさらに少し速くなっている印象⇒さらに、きも~ち速くなった!!

 
ここまでの、header内の整理で体感で2倍速強サイトの表示速度がアップしました!(感想はあくまで、自分の主観ですが。。。)

 
続いて、Wordpressプラグインを3つ設定していきます。

 

6.Wordpressプラグイン「Head Cleaner」を設定する。

WordPressのそれぞれのページを構成するソースを最適化して、サイト表示速度を向上させてくれるプラグインです。

 
設定方法はコチラ↓

 
Head Cleaner の最も理想的な設定方法

https://bazubu.com/head-cleaner-23851.html

headcleaner11

 

7.Wordpressプラグイン「W3 Total Cache」を設定する。

サイトの表示速度の高速化のためのキャッシュやサーバーの設定を容易に行えるようになるプラグインです。

 
設定方法はコチラ↓

 
W3 Total Cache のおすすめの設定方法

https://bazubu.com/w3-total-cache-23854.html

w3totalcahe11

 

8.Wordpressプラグイン「Jetpack」の「Photon」を設定する。

主に画像を専用サーバーにキャッシュする事でWebサーバーのレスポンスを改善する、CDN(コンテンツデリバリネットワーク)サービスの一つです。

 
設定方法はコチラ↓

 
CloudFlareよサヨナラ! WordPressの表示速度が改善するプラグイン「Photon」

https://rentalhomepage.com/photon/

photon11

 

まとめ

【Wordpress高速化】キャッシュ系プラグイン追加とheader整理で表示速度を『約6秒』速く改善させた8つの方法、ということで記事を書かせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

やってみればそんなに難しくない方法だったと思います。

効果も出るハズなので、興味を持たれた方、ぜひ試してみて下さいっ!

 
header内の整理の部分では、他のサイトを見ると有効に使っている記事もあったりして、削除するか残しておくか迷ってしまう時もあると思います。

自分もそうなんですが、迷った時はまず少し調べてみて、やった方がメリットが大きいのかやらない方がメリットが大きいのか比べてみると良いと思います。

メリットがあれば実行してみれば良いと思います。

 
もとに戻したり、新しく設定し直せば、また利用できるようになると思いますので、バックアップを取った上で、気軽に試してみたら良いのではないかと思います。

 
じゃあ、今回はここまでっ!!

ではではっ!(´∀`*)ノシ

 

おすすめのレンタルサーバー

 
『XSERVER』

みなラボもこの『XSERVER』を使っています!^^
プランによっては最安月額900円(税別)で、200GBのサーバー容量を確保できます!

継続更新は、クレジット引き落としで自動更新出来て楽チン!

サーバーデータは、7世代に遡ってバックアップしてくれているので、もしもの時にも安心!

サーバーをコントロールするの為のインタフェースとなる「サ-バーパネル」の操作性も抜群!

サーバーデータの復元も、過去7日以内ならば、「サ-バーパネル」から簡単に操作可能!

もちろん、サーバーとしての基本となる処理速度、安定性も申し分ないと思います♪

 


 

ランキング

 
↓ランキング参加してます!よろしければ、クリックで応援して下さいっ!

にほんブログ村

 
↓こちらもお願いしますっ!

人気ブログランキングへ
 

『WordPressブログの作り方』※初心者必見!(>∀<)ノ☆
①どんなブログにするのか考える。
 ⇒さあ始めよう!なせば成る「0から始めるwordpressサイトづくり」
②レンタルサーバーを借りる。
③ドメインを取得する。
④ネームサーバーDNS設定をする。
 ⇒ムームードメインで取得した独自ドメインをエックスサーバーで使う設定方法
⑤WordPressをインストールする。
 ⇒エックスサーバーへワードプレスを簡単にインストールする方法
⑥テーマをインストールする。
 ⇒僕が「AFFINGER5」を激推しする「3つの理由」
 ⇒【かんたん解説】AFFINGER5(アフィンガー5)テーマを購入する方法&手順
 ⇒「AFFINGER5」をWordPressへインストールする手順
⑦アイコン、ヘッダーなどを作る。
 ⇒フリーソフトのみでアイコン作成する方法まとめ
 ⇒WPサイト用オリジナルヘッダーデザイン作ってみた
⑧お好みにサイトデザインする。
⑨サーチコンソール、アナリティクスへ登録する。
⑩アドセンスや各アフィリエイトへ登録する。
⑪記事を書く。
⑫試行錯誤しながら、ブログ運営を続けていけば、徐々に収益を上げることができると思います!(>∀<)ノ☆
 
こちらの記事もオススメ!(>∀<)ノ☆
【速報】2020 Amazonブラックフライデー&サイバーマンデーおすすめ目玉商品タイムセール情報まとめ「5日間のBig Sale」
【2020年度版】今年はどうなる?ブラックフライデーおすすめ26選+α!~激安バーゲンセールの内容と開催時期まとめ~
失敗しないクリスマスツリーの選び方と我が家の手作り感満載クリスマスツリーデコレーションの話
僕が「AFFINGER5」を激推しする「3つの理由」~WordPressブログ収益化への近道のために~
たぶん新型コロナウイルスに感染したであろう僕が完治するまでの症状を記録した闘病日記
Androidスマホで楽天モバイルの申し込みができない時の解決方法
急げ!【300万名限定】楽天モバイルが月額料金プラン『1年間無料』キャンペーン実施中!
『2020年更新版』Windows10も可! Movie Maker「ムービーメーカー」をダウンロードする方法
嫁の遺伝子検査結果をコソッと紹介(笑)GeneLife(ジーンライフ)の肥満遺伝子検査DIET(ダイエット)を試してみた結果。。。
【2020年版】メルカリ匿名配送「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」の送料・サイズ・重量一覧&出品手数料について
 

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています。↓(※広告含む)

 

 

最後までお読みいただいて、ありがとうございます。

もしこの記事を気に入っていただけたなら、SNSで共有していただけると、とても嬉しいです!どうぞ、よろしくお願いいたします!m(_ _)m

※↓「LINEいいね」ボタンを押して、この記事をタイムラインでシェアして頂けると、非常に喜びます!(∩´∀`)∩↓

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『みなラボ』をフォローしよう!

Feedly、RSS、Push7はこちら!!

follow us in feedly

Line@はこちら!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です