たぶん新型コロナウイルスに感染したであろう僕が完治するまでの症状を記録した闘病日記

いつも「みなラボ」にアクセスいただいてありがとうございます!(´∀`*)ノシ
↓みなラボのFacebookページに「いいね!」はコチラから↓(>∀<)ノ☆ 

↓みなラボのLine@アカウントの友だち追加はコチラから↓Σ(|||▽||| ) 

↓みなラボのtwitterアカウントのフォローはコチラから↓(*^▽^*) 

↓様々なブラウザで使える「Push7」でみなラボを無料購読するにはコチラをクリック↓(*´ч`*) 

↑お好きなアプリでみなラボの更新通知を受け取ってくださいね!↑<(_ _)> 
         
↓「ブログランキング」と「ブログ村」の2つのランキングに参加しています!クリックで応援していただけると、もの凄く励みになります!↓(∩´∀`)∩ ※右クリック「新しいタブで開く」が非常に便利です♪

 
ブログランキング・にほんブログ村へ

※↑それぞれのクリックで「みなラボ」へ1票&「みなラボ」のランキング状況を確認いただけます! 


こんにちは!や~べ~です。

今回は、たぶん新型コロナウイルスに感染したであろう僕が完治するまでの症状を記録した闘病日記、ということで記事を書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

たぶん新型コロナウイルスに感染したであろう僕が完治するまでの症状を記録した闘病日記

 
注意)ただ、あくまでも個人が収集できる情報の中で、個人的な感覚で新型コロナウイルスに感染しているのかもしれないと判断しているだけで、PCR検査で新型コロナウイルス感染の陽性が確認できた訳ではありません。

 
体調が少し悪いんだけど検査も受けることができないし、不安に思っている方々との情報交換もできると良いと思っています。

 

スポンサーリンク

3/8朝、肺の痛み。~新型コロナウイルスかも?な症状①~

 
3/8朝、肺の痛みで早朝に起きてしまい、痛みが気になって寝れなくなってしまった。

熱を測ったら、38度代の発熱があり、もしかするとコロナウイルスなのではないかと心配になる。

むやみに医療機関へ受診するのは良くないと思い、厚生労働省のホームページから「帰国者・接触者相談センター(最寄の保健所)」の連絡先を調べて、電話にて指示を仰ぐことにしました。

 
新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談センター|厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

 
 
 
 
 

 
僕「朝から肺が痛くて、熱が38度あるんですけど、新型コロナウイルスの可能性もあると思うんですが。。。」

保健所職員「熱はいつからですか?」

僕「今朝からですけど。。。」

保健所職員「年齢は?」

僕「30代です。。。」

保健所職員「最近、中国など海外への渡航歴はありますか?」

僕「ありません。。。」

保健所職員「それならば、普通の一般医療機関で診察してもらってもOKですので、保健所にはすでに連絡済ですと伝えて下さい。」

僕「あっ、そうなんですね。。。ありがとうございます。」(ホントに大丈夫か???)

 
 
 
 
 

 
っというやりとりだったのですが、内心、こんなに簡単にどこの医療機関で受診してもいいですよってなると、ほんとに新型コロナウイルスにかかってしまった時にも、同じように自由に医療機関に受診することになってしまうと思うので、感染拡大を助長する恐れがあるのではないかと感じました。

 
 
 
 
 

 
休日だったので、緊急医のある総合病院を受診しました。

 
検温、のどの診察、インフルエンザの検査、胸部レントゲンを撮りました。

診察の際、中国などへの渡航歴も聞かれました。

 
 
 
 
 

 
先生「肺の様子も綺麗だし、肺の痛みは一過性のものでしょう。」

先生「インフルエンザは陰性でしたが、のどにインフルエンザ特有の荒れがあるので、検査が少し早かったのかもしれませんし、もしくは、通常の風邪の一種の可能性もあります。」

先生「とりあえず、インフルエンザにも風邪にも効く薬を処方しておきますので、それで様子を見て下さい。」

僕 (新型コロナウイルスの可能性はほぼ無いってことなのかなぁ。。。新型コロナについて一切触れられないのが逆にちょっと不思議な感じだなぁ。。。)

 
 
 
 
 

 
ということで、処方されたのが「麻黄湯(まおうとう)」という漢方薬。

インフルに漢方が効くのかなぁ??と半信半疑でしたが、先生の診断を信じて、とりあえず飲んでみることにしました。

 

 

スポンサーリンク

3/9、微熱。肺の痛み(小)~新型コロナウイルスかも?な症状②~

 
処方された「麻黄湯(まおうとう)」が効いたのか、肺の痛みも大分改善して、熱も37度代の微熱まで下がっています。

 
昨日よりも、咳、くしゃみが出ている。

 
肺の痛みが改善したせいか、「少し呼吸が苦しい」ことが気になる。

 

スポンサーリンク

3/10、やや高い平熱。肺の痛み(さらに小)~新型コロナウイルスかも?な症状③~

 
熱は36度代後半で、いつもの平熱より若干高い状態。

 
胸の痛みもさらに改善したが、まだ多少の違和感が残る。

 
平常時よりも少し呼吸が苦しい感じがある。

 

3/11、平熱。肺の痛みもなくなる。~新型コロナウイルスかも?な症状④~

 
熱は36度代前半で、いつもの平熱くらい。

 
胸の痛みもほとんどなくなる。

 
咳・くしゃみも少なくなる。

 
若干、痰がからむ。

 

3/12、3/13平熱。若干咳がでる。~新型コロナウイルスかも?な症状⑤~

 
熱は36度代前半で、いつもの平熱くらい。

 
若干咳がでる。

 

3/14平熱。咳もなくなり、完治。~新型コロナウイルスかも?な症状⑥~

 
熱は36度代前半で、いつもの平熱くらい。

 
咳などの症状がなくなり、完治。

 

僕の2月~3月の風邪等の記録~新型コロナウイルス潜伏期間かも?な症状~

 
新型コロナウイルスの潜伏期間は1-14日とのことなので、今回の軽い肺炎の前の風邪等の発症状況も記録しておきます。

  • 2/1-2 風邪、咳症状
  • 2/7-12 インフルエンザA型
  • 2/21-22 扁桃炎
  • 3/8-10 軽い肺炎?

※↑この様子を見ると、ここ1か月の間、免疫機能が崩壊しているかのように、ほぼ毎週体調を崩しています。。。原因不明ですが。。。元々身体が弱い訳ではなく、この2月までは半年以上風邪等はひいて無かったと思います。。。

 

新型コロナウイルスの特徴

 
これまでに報道されている新型コロナウイルスについての情報をまとめます。

注意)ただし、情報・見解は常に変化する可能性がありますので、必ず、他の情報網からの情報も得て、信憑性があるのかどうなのかしっかりと判断されることをお願いいたします。

  • そもそも、8割方の人がほぼ無症状。(軽い風邪症状含む。)
  • 10歳代までの子供はほとんんど重症化しない。
  • 4-50歳代が重症化する場合は、過剰な免疫反応で、臓器を傷つけてしまう場合がある。(個人がそれぞれ持っている免疫の型の違いによる)
  • 60歳代以上の高齢者は、重症しやすい。
  • 糖尿病、心不全、呼吸器疾患の持病を持っている方も重症化しやすい。
  • 80歳代以上の高齢者の致死率は20%を超える。
  • 1歳児などの乳幼児は免疫が未熟なので、人混みには連れていかないように。
  • 妊婦さんが感染した場合、胎児の臓器損傷の報告は今の所なし。
  • 来年には、通常の風邪と同等の扱いになる可能性もある。
  • 今後、9ヵ月程度で治療薬の開発が完了する見通しがある。

 

厚生労働省から発表されている体調不良時の行動指針

 

  • 通常の風邪症状がある場合はなるべく仕事を休む。
  • 発熱がある場合は、検温し、毎日記録をとる。
  • 37.5度以上が4日以上で、「帰国者・接触者相談センター」へ相談。
  • 強いだるさや息苦しさも、「帰国者・接触者相談センター」へ相談。

※ですが、発熱等の体調不良の場合、新型コロナウイルス以外の病気の可能性もあると思いますので、まずはかかりつけの病院で診察を受けると良いと思います。わざわざ発熱後4日間も診察を控えることは無いと思います。かかりつけの病院のルールに従って、発熱外来を受け付けてくれる時間を守るなり、マスクを着用するなりして診察してもらいましょう。

 
新型コロナウイルス感染症について|厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

 

厚生労働省から発表されている「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金・支援金について」

 

  • 休業1日あたり最高8,330円
  • 期間中の全ての休業日に対して助成。
  • 2/27~3/31の期間内の休業分のみ申請可能。
  • 基本的には小学生の保護者が対象。(中学生は基本対象外。)
  • 6/30まで申請可能。
  • 勤めている法人で一括して申請する必要がある。

 
公式ページはこちら↓
(※PDF資料等リンクされているので、PCでの閲覧をおすすめします!)

 
新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金・支援金の申請受付を開始します|厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10259.html

 

まとめ

 
たぶん新型コロナウイルスに感染したであろう僕が完治するまでの症状を記録した闘病日記、ということで記事を書かせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

 
3/10現在の新型コロナウイルスPCR検査の体制では、僕と同じように、今まで体験したことがない症状(僕の場合は極軽い肺炎症状だったと思います。)が現れたときに、自身を持って、「コロナではない!」と言えず、この後どのように行動していいのか分からないと不安に思っている方も多いのではないかと思います。

僕の場合は、コロナの診断も出ていないので、このまま症状が治まり、熱が下がった状態が続いたら、そこから仕事に復帰していくことになると思います。

 
しかし、万が一もし僕が新型コロナウイルスに感染していたらと思うと、職場の方にうつしてしまわないか少し不安です。職場とも相談して、できる限りの対策をして復帰していきたいと思っています。

 
 
 
 
 

 
PCR検査の健康保険適用も始まり、かかりつけ医から直接PCR検査の依頼が可能になってきている(これまでは、保健所の承認が必要だった。)ので、市中感染で感染してしまった方のPCR検査のハードルが徐々に下がってきており、徐々に検査しやすくなっていくと思います。

 
ただ、現状では中国の渡航歴などを質問されるなどの状況を考えると、市中感染でピンポイントで新型コロナウイルスに感染してしまった場合(分かっているクラスター以外で、特に若年層の場合)には、重篤な状況になるまで、恐らくPCR検査は行われないだろうと思います。

 
現時点では医療機関のマヒも無いと思いますので、最悪の場合は、救急車での搬送で、医療行為を受けることができると思いますし、感染リスクの高い方は優先的に検査してもらえていると思いますので、人命を維持する部分については配慮されていると思いますが、ウイルス自体の感染の有無の把握については、かなり優先順位が低くなっているのではないかと思えてしまいます。

 
新型コロナウイルスは、感染した方の8割は通常の風邪症状、もしくは無症状ということが言われています。その事からも国としては、全ての国民について感染したかどうかを把握するよりも、重症化の可能性のある方の感染の有無、症状の経過観察に重点を置いているように思います。

高齢者の方の致死率が高いとの情報が報道されていることもあるので、そのやり方については人命を救うという意味ではとても良いのではないかと思いますが、その陰で、検査が受けられず複数の医療機関を散々回った結果、やっと検査を受けることができ、陽性の判定を受けた、という報道もあります。

 
学校休校やイベント延期、感染しやすい場所へ行かないこと、など日常生活に制限が設けられている中での、連日のコロナウイルス報道、この状況下では多くの方がストレスを溜めており、かなり神経質に、ウイルス対策を行っていると思うので、少しでも感染に不安に感じたらすぐに検査できるような体制が整っていくと、不安を感じた時にすぐに自分がウイルスを撒き散らす危険があるのか無いのか分かって、精神的にも少し安心できるというか、自信を持って日常生活を送っていけるのではないかと思います。

 
とにもかくにも、新型コロナウイルスとの戦いは長期戦になりそうな様相ですので、感染を広げないように、マスク・手洗いなどのウイルス対策をすると共に、なるべく人々を集合させなくても経済活動に必要な要件を成立させることのできるITなどを用いた手法を探っていくことも重要なのではないかと思います。

 
現状は、なかなか厳しいとは思いますが、状況はみなさん同じだと思います。協力できるところは協力して、良い手法があれば参考にして、どうにかこの危機を乗り越えていきましょう!

 
じゃあ、今回はここまでっ!!

ではではっ!(´∀`*)ノシ

 

ランキング

 
ランキングに参加しています!

もしこの記事を気に入っていただけたなら、↓クリックで応援していただけると、とても嬉しいです! (∩´∀`)∩

※クリックで「みなラボ」へ1票&「みなラボ」のランキング状況を確認いただけます!

どうぞ、よろしくお願いいたします!m(_ _)m


にほんブログ村

 
↓こちらもお願いしますっ!


人気ブログランキングへ
 

 

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています。↓(※広告含む)

 

 

最後までお読みいただいて、ありがとうございます。

もしこの記事を気に入っていただけたなら、SNSで共有していただけると、とても嬉しいです!どうぞ、よろしくお願いいたします!m(_ _)m

※↓「LINEいいね」ボタンを押して、この記事をタイムラインでシェアして頂けると、非常に喜びます!(∩´∀`)∩↓

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『みなラボ』をフォローしよう!

Feedly、RSS、Push7はこちら!!

follow us in feedly

Line@はこちら!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です