「スムーズに!」「お得に!」引越しを完了する為のコツまとめ~引っ越し準備⇒当日⇒その後の転居手続きまでリストアップ~

いつも「みなラボ」にアクセスいただいてありがとうございます!(´∀`*)ノシ
↓みなラボのFacebookページに「いいね!」はコチラから↓(>∀<)ノ☆ 

↓みなラボのLine@アカウントの友だち追加はコチラから↓Σ(|||▽||| ) 

↓みなラボのtwitterアカウントのフォローはコチラから↓(*^▽^*) 

↓様々なブラウザで使える「Push7」でみなラボを無料購読するにはコチラをクリック↓(*´ч`*) 

↑お好きなアプリでみなラボの更新通知を受け取ってくださいね!↑<(_ _)> 
         
↓「ブログランキング」と「ブログ村」の2つのランキングに参加しています!クリックで応援していただけると、もの凄く励みになります!↓(∩´∀`)∩ ※右クリック「新しいタブで開く」が非常に便利です♪

 
ブログランキング・にほんブログ村へ

※↑それぞれのクリックで「みなラボ」へ1票&「みなラボ」のランキング状況を確認いただけます! 


こんにちは、「15年間で7回の引っ越し」を経験した、元転勤族のや~べ~です。

今回は、15年間で7回引っ越した経験から得た、「スムーズに!」「お得に!」引っ越す為の流れ・コツを紹介させていただきたいと思います。

 

「スムーズに!」「お得に!」引越しを完了する為のコツまとめ~引っ越し準備⇒当日⇒その後の転居手続きまでリストアップ~

 
引っ越し前から、当日、引っ越し後までを時間軸で区切って、それぞれの時期にやっておくと引っ越しがスムーズに、楽に、できる「コツ」をそれぞれリストアップしていきます。

 

「引っ越し3か月前」のやることリスト&コツ

 

  1. なるべく荷物を減らしておく。
  2. このくらいの時期でないと、じっくり荷物と向き合えないと思います。引っ越し日に近づくにつれて、尻上がりに忙しくなってしまい、この時期を逃すと、荷物をあれこれ品定めする余裕はほとんど無くなってしまうと思います。

  3. 水道、ガス、電気のレシートを保管しておく。
  4. それぞれの業者の連絡先をあらかじめ把握しておくため。

 

「引っ越し2か月前」のやることリスト&コツ

 

  1. 新しい賃貸物件などの住居を探す。
  2. これから賃貸物件を探すという方は、↓のサイトがおすすめです。
    自分の部屋に居ながら、地方・首都圏関係なく、路線駅名から、日本全国の賃貸物件を検索できますよ!^^

    お家探し・不動産情報のいえらぶ

  3. 複数の引っ越し会社から相見積をとり始める。
  4. 移動中の故障が気になるPC、ゲーム機、レコーダー、テレビなどは出来る範囲でなるべく自分で運ぶと良いと思います。

    移動距離や時期は異なりますが、同じくらいの荷物の量の引っ越しでも、25万円くらいの時もあったり、8万円くらいの時もありました。25万円くらいの時は、引っ越しに慣れておらず、1社のみしか見積を取っていませんでした。その教訓を生かして、口コミの評判や相見積を駆使して引っ越しした時は、8万円くらいの費用で引っ越しすることができました!^^

    相見積、非常に重要だと思います!

    ↓260社以上の業者の中から最大10社まで無料一括見積できるおすすめサイトです!^^

    引越し価格ガイド



  5. 現在、賃貸物件に住んでいる場合は、大家さんや管理会社へ退去する旨を伝えておく。
  6. 正式な退去の連絡はいつまでに行えば良いのか?退去前にやっておくべきことはあるか?払い戻しされる家賃の計算方法は?などなどを、あらかじめ確認しておきましょう!

  7. 水道、ガス、電気、インターネット会社窓口にも退去の連絡を伝えておく。
  8. 止める何日前までに手続きしなければならないのか?締日はいつ?請求はどうなる?止める際に何か作業が必要になるのか?などなどを、あらかじめ確認しておきましょう!

 

「引っ越し1か月前」のやることリスト&コツ

 

  1. 新しい賃貸物件などを契約する。
  2. 引っ越し日の前日までには鍵をもらいましょう!

  3. 今住んでいる賃貸物件の退去日を決め、大家さんや管理会社へ伝える。
  4. 家賃の払い戻しや、敷金の払い戻しなどを良く確認しておく。

  5. 引っ越し会社を決定し、契約する。
  6. 大抵の場合、契約すると、荷造り用ダンボール&ガムテープなどを渡して貰えます。

  7. 荷造りを始める。
  8. この時期は忙しいので、邪念を捨てて、淡々と荷造りすること。

    引っ越し金額は既に決まっているので、荷物を無理に減らそうとしない。

    「懐かしいなぁ、これ~」みたいな感じで、感慨にふけったりしない。(なるべく)

    使う場所ごとにダンボールにつめて、引っ越し後、どの部屋や場所へ置いてもらうのか、ダンボールと転居先の見取り図に共通の表示をしておく。

    例:キッチン、和室、2F部屋①、など。。。

 

「引っ越し2週間前~前日」のやることリスト&コツ

 

  1. 転出届を市区町村へ提出する。
  2. 「転出届」を提出したにも関わらず、引越しが中止になってしまった場合は、「転出届」の登録を抹消してもらう必要があります。「転出証明書」を持参して速やかに市区町村へ申し出てください。

    「転出届」の抹消を行わないと、どこの市区町村にも属さない「住所不定」になってしまうので要注意です。

    詳しくは、お住いの市区町村のホームページなどでのご確認をお願いします。



  3. 印鑑証明カードを返却する。(市区町村役場へ)
  4. 郵便局へ郵便物の転送届を提出する。
  5. 転送届の提出から1年間、郵便物を転送してもらえます。さらに追加して1年間転送を延長することもでき、その場合は転送期間内に再度、手続きを行いましょう!

     
    転居・転送サービス|日本郵便
    https://www.post.japanpost.jp/service/tenkyo/

    ↑旧住所宛の郵便物等を、新住所に1年間転送してもらえます。

     
    e転居|日本郵便
    https://welcometown.post.japanpost.jp/etn/index_sp.html

    ↑インターネット上で転居届(郵便物等の転送のための届出)を受け付ける無料サービスです。お手持ちのスマートフォンから転居届が申し込めます。

  6. 引っ越し先の鍵をもらう。
  7. 転居先の掃除をしておく。
  8. 床の雑巾掛けや、空気の入れ替えをしておく。

  9. 転居先の水道、ガス、電気、インターネットの開通手続きをする。
  10. 近所の方(転居前)へ引っ越しでお騒がせする旨を伝えておく。

 

「引っ越し当日」のやることリスト&コツ

 

  1. 荷物の積み込みの立会い、積み忘れの確認をする。
  2. ※遠方への引っ越しの場合は、積み込みの立会いを親族にお願いして、本人は転居先の準備をしておくでも良い。

  3. 引っ越し先で家具の配置などを指示する。
  4. 荷物の降ろし残しがないか確認する。
  5. 近所の方(転居後)へ引っ越して入居しましたのでと挨拶をしておく。
  6. ※のし付きタオルなどを持っていくと尚良い。

  7. 部屋の掃除をする。
  8. この日に退去する場合は、大家さんや管理会社へ鍵を返す。
  9. 家賃の払い戻しや、敷金の払い戻しなどを再度、良く確認しておく。

    ※部屋を綺麗にしておいた方が、敷金の払い戻しが多くなる場合もあるので、引っ越す距離が近いなど、時間的な余裕を確保できそうな場合、退去日を引っ越しの翌日にして、しっかりと掃除しておくと良いかもしれません。ただ基本的には、退去時にメンテナンスする部分が必ず決まっていると思いますので、払い戻し金の増額に、過度の期待はできないとは思いますが。。。

 

「引っ越し~2週間後まで」のやることリスト&コツ

 

  1. 転入届を市区町村へ提出する。
  2. 同一市区町村内の引っ越しの場合は、転居届を提出する。
    (同一市区町村の場合は、転出届は必要ありません。)

  3. 住民票の写しを1通もらっておく。(市区町村役場にて)
  4. 印鑑証明を登録する。(市区町村役場にて)
  5. 印鑑証明用として、登録する印鑑を持っていく必要があります。

  6. 印鑑証明を1通もらっておく。(市区町村役場にて)
  7. 管轄の警察署へ行き、運転免許証の住所変更をする。
  8. 先ほど、市役所でもらった「住民票の写し」を使用する。


    最初に、運転免許証の住所を変更しておくと、そのコピーを使えば、その他のほぼ全ての住所変更が可能なので、まず運転免許証の住所変更を行うことをオススメします!(>∀<)ノ☆

  9. クルマの住所変更をする。
  10. 警察署で車庫証明をとって、管轄の陸運局で申請します。(住民票が必要)

    ※車庫証明は、警察の方による駐車スペースの確認が必要ですので、1~2週間程度の時間が必要になると思います。

    有料になると思いますが、手続きが不安の場合は、近くのディーラーなどに依頼するのも良いと思います。

     
    自動車の住所変更について
    https://annai-center.com/juusyo/

  11. パスポートは住所変更の必要はありません。

 

「引っ越し直後の↑の手続きが終わったら」やることリスト&コツ

 

  1. すぐに使うモノから順番にダンボールから出して、家具に収納するモノは収納する。
  2. ※ダンボールを一気に沢山開けない。

    ※開けずに過ごせるダンボールはしばらくそのままにして、片づける時間のある時に、少しずつ開けていく。

    ※1年以上そのままのダンボールは捨ててしまってもOKだと思います。(次の引っ越しで、そのまま運ぶのも有り。)

  3. ネットショップや、クレジットカード、保険関係などを順次住所変更する。
  4. ネットショップは買いものをする際に住所変更しましょう!
  5. その他のものは、気がついた時か、もしくは、転送された郵便物が届いた時、その都度、住所を変更していきましょう!
  6. 住所変更が間に合わず、届出から1年を超えそうな場合は、さらに追加して1年間転送を延長することもできるので、転送期間内に再度、手続きを行いましょう!

 

まとめ

 
「スムーズに!」「お得に!」引越しを完了する為のコツまとめ~引っ越し準備⇒当日⇒その後の転居手続きまでリストアップ~、ということで記事を書かせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

 
今回、改めて引っ越しについてまとめてみて、「やっぱり引っ越しはやることが多いなぁ~」と改めて感じました。引っ越しまで時間があるようで、すぐに時間は無くなってしまうと思いますので、慌ただしくて抜け漏れが出てしまわないように、やるべきことをリストアップしておくことが非常に重要だと思います。(`∇´)

 
家族や友人、お世話になった先輩・後輩など、「大事な人との別れ」もあるので、「思い出に浸りたい気分」になる気持ちも分かりますが、「立つ鳥跡を濁さず」という言葉があるように、引っ越し後にあれこれ忘れ物があって、大事な人に迷惑をかけないように、しっかりキッチリ引っ越ししたいものですね!( ´ ▽ ` )ノ

 
引っ越しが決まって、「どんな流れで動くと、スムーズに引っ越しできるのかなぁ?」と疑問に思った際には、ぜひまたアクセスいただいて、今回リストアップさせていただいた内容を参考にしていただけたらと思います!(>∀<)ノ☆

 
じゃあ、今回はここまでっ!!

ではではっ!(´∀`*)ノシ

 

↓無料一括見積はこちらのサイトがおすすめです!^^

 
↓260社以上の業者の中から最大10社まで無料一括見積できるおすすめサイトです!^^

引越し価格ガイド



 

ランキング

 
ランキングに参加しています!

もしこの記事を気に入っていただけたなら、↓クリックで応援していただけると、とても嬉しいです! (∩´∀`)∩

※クリックで「みなラボ」へ1票&「みなラボ」のランキング状況を確認いただけます!

どうぞ、よろしくお願いいたします!m(_ _)m


にほんブログ村

 
↓こちらもお願いしますっ!


人気ブログランキングへ
 

 

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています。↓(※広告含む)

 

 

最後までお読みいただいて、ありがとうございます。

もしこの記事を気に入っていただけたなら、SNSで共有していただけると、とても嬉しいです!どうぞ、よろしくお願いいたします!m(_ _)m

※↓「LINEいいね」ボタンを押して、この記事をタイムラインでシェアして頂けると、非常に喜びます!(∩´∀`)∩↓

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『みなラボ』をフォローしよう!

Feedly、RSS、Push7はこちら!!

follow us in feedly

Line@はこちら!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です