WordPress

【WordPressテーマSEO対策】「Twenty Fourteen」テーマの構造化データエラーを無くすために実施した5つの対策

★累計PV数:729views アクセス頂いてありがとうございます! (*ᴗˬᴗ)⁾⁾ 
 
 
いつも「みなラボ」にアクセスいただいてありがとうございます!(´∀`*)ノシ
▼「みなラボ」は「ブログランキング」と「ブログ村」の2つのランキングに参加しています!クリックで応援していただけると、もの凄く励みになります!↓(∩´∀`)∩ ※右クリック(または、長押し)「新しいタブで開く」が非常に便利です♪
 

 
ブログランキング・にほんブログ村へ

※↑それぞれクリックで「みなラボ」へ1票応援&「みなラボ」のランキング状況をご確認いただけます! 


こんにちは!や~べ~です。

天気のいい日が続いているGWみなさんはいかがお過ごしでしょうか?

自分は今年初BBQをやりましたよ~!肉が旨かった!!

いやぁ、この時期でも日焼けするもんですね~。首回りが日焼けでかゆいっす。。。。^^

 
さてさて今回は、「Google Search Console」に表示される「構造化データのエラー」修正する方法を記事にしていきます。

WordPressの「Twenty Fourteen」というテーマでの実践例です。

気のせいかもしれませんが、構造化データの修正をした後の方が、若干検索順位やアクセス共に上昇したように感じたので、自分としては修正しておいた方が良いように思います。
(※ネット上には、構造化データはSEOに影響ないという情報の方が多いですが・・・)

 
「Google Search Console」は↓の参考記事でも説明していますが、簡単に言うとWebサイトの状態を管理する為のページになっています。

参考記事:さあ始めよう!なせば成る「0から始めるwordpressサイトづくり」

Googleから色んな情報が提供されているのですが、今回は「構造化データ」について話を進めます。

 
構造化データとは、GoogleのクローラーにとってWebページを分かりやすくする為の「entry-title」、「updated」、「author」の3つのデータの事で、Web上の各ページ内に記述しておくことを推奨されています。
※クローラーとは、世界中のWebサイトを巡ってサイトをインデックスしているアルゴリズムのこと。
※「entry-title」はタイトル、「updated」は更新日の情報、「author」は編集者の情報。

 
自分の使っている、WordPressテーマの「Twenty Fourteen」には、「updated」、「author」の二つの記述抜けがあり、記事を書けば書くだけエラーが増えていく状態でした。(WordPress純正のテーマなんですけどね。。。)

 
そこで、それぞれページ毎に「updated」、「author」データが記述されるように、テーマ内のファイルを編集してみました。

 
テーマを変更する前には、必ずバックアップを取って、すぐに復旧できるように準備してから作業を始めて下さい。
自己責任でお願いします!

バックアップ、復旧方法はコチラの記事を参考にしてみて下さい↓

参考記事:簡単!BackWPupでWordPressをバックアップする方法

参考記事:WordPressバックアップを使ってサイトを復旧する方法

 

【WordPressテーマSEO対策】「Twenty Fourteen」テーマの構造化データエラーを無くすために実施した5つの対策

 
テーマ内のtemplate-tags.php、widgets.php、content-featured-post.php、content-page.phpの4つのphpファイルを編集することで、構造化エラーを0にできます!

※All-in-One Event Calendar by Time.lyというプラグインのイベントページでエラーが出ている場合には、content.phpを編集することで対策できます。

 

1.template-tags.php (inc/template-tags.php)

※「updated」を追加する。

/**
 * Print HTML with meta information for the current post-date/time and author.
 *
 * @since Twenty Fourteen 1.0
 */

の数行下あたりにある、

function twentyfourteen_posted_on() {
	if ( is_sticky() && is_home() && ! is_paged() ) {
		echo '<span class="featured-post">' . __( 'Sticky', 'twentyfourteen' ) . '</span>';
	}

	printf( '<span class="entry-date"><a href="%1$s" rel="bookmark"><time class="entry-date" datetime="%2$s">%3$s</time></a></span> <span class="byline"><span class="author vcard"><a class="url fn n" href="%4$s" rel="author">%5$s</a></span></span>',
		esc_url( get_permalink() ),
		esc_attr( get_the_date( 'c' ) ),
		esc_html( get_the_date() ),
		esc_url( get_author_posts_url( get_the_author_meta( 'ID' ) ) ),
		get_the_author()
	);
}
endif;

の部分のprintfの行の

time class="entry-date" datetime= に updatedを追加して

time class="entry-date updated" datetime= と記述する。

↓の様に記述する。

function twentyfourteen_posted_on() {
	if ( is_sticky() && is_home() && ! is_paged() ) {
		echo '<span class="featured-post">' . __( 'Sticky', 'twentyfourteen' ) . '</span>';
	}

	printf( '<span class="entry-date"><a href="%1$s" rel="bookmark"><time class="entry-date updated" datetime="%2$s">%3$s</time></a></span> <span class="byline"><span class="author vcard"><a class="url fn n" href="%4$s" rel="author">%5$s</a></span></span>',
		esc_url( get_permalink() ),
		esc_attr( get_the_date( 'c' ) ),
		esc_html( get_the_date() ),
		esc_url( get_author_posts_url( get_the_author_meta( 'ID' ) ) ),
		get_the_author()
	);
}
endif;

 

2.widgets.php(inc/widgets.php)

※「updated」を追加。

						</div><!-- .entry-meta -->
					</header><!-- .entry-header -->
				</article><!-- #post-## -->
				</li>
				<?php endwhile; ?>

の数行上にある、

printf( '<span class="entry-date"><a href="%1$s" rel="bookmark"><time class="entry-date" datetime="%2$s">%3$s</time></a></span> <span class="byline"><span class="author vcard"><a class="url fn n" href="%4$s" rel="author">%5$s</a></span></span>',
	esc_url( get_permalink() ),
	esc_attr( get_the_date( 'c' ) ),
	esc_html( get_the_date() ),
	esc_url( get_author_posts_url( get_the_author_meta( 'ID' ) ) ),
	get_the_author()
);

の部分のprintfの行の

time class="entry-date" datetime= に updatedを追加して

time class="entry-date updated" datetime= と記述する。

↓の様に記述する。

printf( '<span class="entry-date"><a href="%1$s" rel="bookmark"><time class="entry-date updated" datetime="%2$s">%3$s</time></a></span> <span class="byline"><span class="author vcard"><a class="url fn n" href="%4$s" rel="author">%5$s</a></span></span>',
	esc_url( get_permalink() ),
	esc_attr( get_the_date( 'c' ) ),
	esc_html( get_the_date() ),
	esc_url( get_author_posts_url( get_the_author_meta( 'ID' ) ) ),
	get_the_author()
);

 

3.content-featured-post.php

※「updated」「author」を追加。

		</div><!-- .entry-meta -->

のすぐ上あたりに↓の記述を追加する。

<time class="entry-date updated" style="display:none" datetime="<?php echo esc_attr( get_the_date( 'c' ) ) ?>"><?php echo esc_html( get_the_date() ) ?></time>

<span class="byline"><span class="author vcard"><a class="url fn n" href="esc_url( get_author_posts_url( get_the_author_meta( 'ID' ) ) )" rel="author"><?php echo get_the_author(); ?></a></span></span>

 

4.content-page.php

※「updated」「author」を追加。

	</div><!-- .entry-content -->
</article><!-- #post-## -->

のすぐ上あたりに↓の記述を追加する。

<time class="entry-date updated" style="display:none" datetime="<?php echo esc_attr( get_the_date( 'c' ) ) ?>"><?php echo esc_html( get_the_date() ) ?></time>

<span class="byline"><span class="author vcard"><a class="url fn n" href="esc_url( get_author_posts_url( get_the_author_meta( 'ID' ) ) )" rel="author"><?php echo get_the_author(); ?></a></span></span>

 

5.content.php(All-in-One Event Calendar by Time.lyというプラグインのイベントページでエラーが出ている場合の対策)

追記(2016.05.09)しました!

※「updated」「author」を追加。

	</div><!-- .entry-meta -->
</header><!-- .entry-header -->

<?php if ( is_search() ) : ?>
<div class="entry-summary">
	<?php the_excerpt(); ?>
</div><!-- .entry-summary -->
<?php else : ?>
<div class="entry-content">

のすぐ下あたりに↓の記述を追加する。

<time class="entry-date updated" style="display:none" datetime="<?php echo esc_attr( get_the_date( 'c' ) ) ?>"><?php echo esc_html( get_the_date() ) ?></time>

<span class="byline" style="display:none" ><span class="author vcard"><a class="url fn n" href="esc_url( get_author_posts_url( get_the_author_meta( 'ID' ) ) )" rel="author"><?php echo get_the_author(); ?></a></span></span>

※このcontent.phpに追加するコードは、他のコードと違い、autherもdisplay:noneを追加しています。

 

まとめ

今回は、【WordPressテーマSEO対策】「Twenty Fourteen」テーマの構造化データエラーを無くすために実施した5つの対策、という事で記事を書かせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

 
「構造化データのエラー」修正の反映には少し時間がかかるので、こんな感じで緩やかにエラーが消えていくと思います。↓

updetedエラー収束1-k

 
以上で、WordPressテーマ「Twenty Fourteen」の構造化データのエラーを無くすことができます。

構造化データエラーが出ている方はぜひ試してみてくださいね!

 
じゃあ、今回はここまでっ!!

ではではっ!(´∀`*)ノシ

 

おすすめのレンタルサーバー

 
『XSERVER』

みなラボもこの『XSERVER』を使っています!^^
プランによっては最安月額900円(税別)で、200GBのサーバー容量を確保できます!

継続更新は、クレジット引き落としで自動更新出来て楽チン!

サーバーデータは、7世代に遡ってバックアップしてくれているので、もしもの時にも安心!

サーバーをコントロールするの為のインタフェースとなる「サ-バーパネル」の操作性も抜群!

サーバーデータの復元も、過去7日以内ならば、「サ-バーパネル」から簡単に操作可能!

もちろん、サーバーとしての基本となる処理速度、安定性も申し分ないと思います♪

 


 

ランキング

 
↓ランキング参加してます!よろしければ、クリックで応援して下さいっ!

にほんブログ村

 
↓こちらもお願いしますっ!

人気ブログランキングへ
 

『WordPressブログの作り方』※初心者必見!(>∀<)ノ☆
 
①どんなブログにするのか考える。
 
 ⇒さあ始めよう!なせば成る「0から始めるwordpressサイトづくり」
 
②レンタルサーバーを借りる。
 
③ドメインを取得する。
 
④ネームサーバーDNS設定をする。
 
 ⇒ムームードメインで取得した独自ドメインをエックスサーバーで使う設定方法
 
⑤WordPressをインストールする。
 
 ⇒エックスサーバーへワードプレスを簡単にインストールする方法
 
⑥テーマをインストールする。
 
 ⇒僕が「AFFINGER5」を激推しする「3つの理由」
 
 ⇒【かんたん解説】AFFINGER5(アフィンガー5)テーマを購入する方法&手順
 
 ⇒「AFFINGER5」をWordPressへインストールする手順
 
⑦アイコン、ヘッダーなどを作る。
 
 ⇒フリーソフトのみでアイコン作成する方法まとめ
 
 ⇒WPサイト用オリジナルヘッダーデザイン作ってみた
 
⑧お好みにサイトデザインする。
 
⑨サーチコンソール、アナリティクスへ登録する。
 
⑩アドセンスや各アフィリエイトへ登録する。
 
⑪記事を書く。
 
⑫試行錯誤しながら、ブログ運営を続けていけば、徐々に収益を上げることができると思います!(>∀<)ノ☆
 
 
こちらの記事もオススメ!(>∀<)ノ☆
 
【鼻づまりも即解消】僕が試してみた花粉症にすぐ効くと言われている対策が、超簡単&効果的過ぎてちょっと恐いなと思った話
 
僕が「AFFINGER5」を激推しする「3つの理由」~WordPressブログ収益化への近道のために~
 
たぶん新型コロナウイルスに感染したであろう僕が完治するまでの症状を記録した闘病日記
 
Androidスマホで楽天モバイルの申し込みができない時の解決方法
 
【4/7(水)まで】急げ!楽天モバイルが月額料金プラン『1年間無料』キャンペーン実施中!【祝300万回線達成】
 
『2021年更新版』Windows10も可! Movie Maker「ムービーメーカー」をダウンロードする方法
 
嫁の遺伝子検査結果をコソッと紹介(笑)GeneLife(ジーンライフ)の肥満遺伝子検査DIET(ダイエット)を試してみた結果。。。
 
【2021年版】メルカリ匿名配送「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」の使い方、送料・サイズ・重量一覧&出品手数料について
 
 

こちらの記事もよく読まれています。↓(※広告含む)

 

 

最後までお読みいただいて、ありがとうございます。

もしこの記事を気に入っていただけたなら、SNSで共有していただけると、とても嬉しいです!どうぞ、よろしくお願いいたします!m(_ _)m

▼「LINEいいね」ボタンを押して、この記事をタイムラインでシェアして頂けると、非常に喜びます!(∩´∀`)∩
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『みなラボ』をフォローしよう!

▼「Feedly」、「RSS」、「Push7」での購読はこちらから設定して頂けます!
 
follow us in feedly
 
 
▼「みなラボ公式LINE」の友だち追加はこちらからお願いいたします!
新規記事更新時に「お知らせ」させて頂きます!
 

-WordPress
-, ,

© 2021 みなラボ