バイクのパーツを3Dプリンタで自作してみた!

いつも「みなラボ」にアクセスいただいてありがとうございます!(´∀`*)ノシ
↓みなラボのFacebookページに「いいね!」はコチラから↓(>∀<)ノ☆ 

↓みなラボのLine@アカウントの友だち追加はコチラから↓Σ(|||▽||| ) 

↓みなラボのtwitterアカウントのフォローはコチラから↓(*^▽^*) 

↓みなラボのgoogle+ページのフォローはコチラから↓(∩´∀`)∩ 

↓様々なブラウザで使える「Push7」でみなラボを無料購読するにはコチラをクリック↓(*´ч`*) 

↑お好きなアプリでみなラボの更新通知を受け取ってくださいね!↑<(_ _)> 
         
↓「ブログランキング」と「ブログ村」の2つのランキングに参加しています!クリックで応援していただけると、もの凄く励みになります!↓(∩´∀`)∩ ※右クリック「新しいタブで開く」が非常に便利です♪

 
ブログランキング・にほんブログ村へ

※↑それぞれのクリックで「みなラボ」へ1票&「みなラボ」のランキング状況を確認いただけます! 


バイク(ホンダのジャイロ)の側面についているゴム製のパーツがボロボロだったので、

Autodesk123Dでモデルを作って、

3Dプリンタ自作してみました。
 
これが元のゴム製パーツ。

IMG_0238r

こんな感じでモデルを作って、
ジャイロ3dパーツ

こんな風に3Dプリントしました!
IMG_0239r

 
3Dプリンタはサイエンスコアに設置されているものを、使用させていただきまました。

 使用マシン MakerBot Replicator 2
 利用料金等は↓URLを参考にして下さい。
 サイエンスコア メイカーズラボとよはし

このサイズだと、3時間弱くらいで出力できたと記憶しています。

Autodesk123Dはフリーのソフトなのですが、直感的に使えるので使い勝手も良く、出来上がった製品を検査してみると、1ミリ単位での精度の誤差は無く、0.1ミリかそれ以下くらいの誤差で、造れているので、日常で使う範囲の物ならば、この「Autodesk123D」と「MakerBot Replicator 2」の組み合わせで、問題なく制作できそうだと感じました。

制作したパーツのボルト穴ににボルトを挿入。最初はプリント時に残ってしまったヒゲのように固まった材料のカスが邪魔をして、はめ合いが固いですが、段々スムーズに動くようになります。
IMG_0241r

実際にジャイロに組み付けてみると・・・意外にいい感じ!
もともとの純正のゴムタイプがボロボロだったこともありますが、案外うまくいったんじゃないかと思います。純正部品が結構高価なので、転倒の際の保護を目的としないのならば、こうやって自作してみると面白いかもしれません。3DCADの使い方をマスターすれば、もっと色んな自分好みのデザインにもできると思います。
IMG_0242r2

 
↓ランキング参加してます!よろしければ、クリックで応援して下さいっ!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 
↓こちらもお願いしますっ!

人気ブログランキングへ

 

この記事を読んでいる人はこちらの記事も読んでいます。(※広告も含む。)

 

 

最後までお読みいただいて、ありがとうございます。

もしこの記事を気に入っていただけたなら、SNSで共有していただけると、とても嬉しいです!どうぞ、よろしくお願いいたします!m(_ _)m

※↓「LINEいいね」ボタンを押して、この記事をタイムラインでシェアして頂けると、非常に喜びます!(∩´∀`)∩↓

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『みなラボ』をフォローしよう!

Feedly、RSS、Push7はこちら!!

follow us in feedly

google+、Line@はこちら!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です