0c66c9b4f6affa16913661a3b350e035_m

三歳の娘でも開けられた!『ペットボトルキャップはずし』を3Dプリンターでつくってみた!

いつも「みなラボ」にアクセスいただいてありがとうございます!(´∀`*)ノシ

↑みなラボのページに「いいね!」はコチラから↑(>∀<)ノ☆ 


こんにちは。

や~べ~です。

今回は。。。

握力のない人でも「簡単に!」

ペットボトルキャップを回して開けることができるツールを

3Dプリンターで出力して試作してみました。

 
最近よく嫁さんに「お父さんが締めたペットボトルは、硬くてなかなか開かなくて困る!」と言われます。

自分では中途半端に締めると、こぼれてしまったりするのが嫌なのでついつい力を入れて締めてしまいます。

ですので子供はもちろん自分の力で開けることができないし、おじいちゃん、おばあちゃんがいれば恐らく開けるのに苦労するのではないかと思います。

そんなところから握力のない人でも手軽にペットボトルのキャップを開けられるものがあると重宝するのではないかと思って、3Dプリンターを使って作ってみることにしました。

設計して、プリントアウトして、組み立てて、修正・調整して、ようやくそこそこ使えそうなカタチまでもってきたときに、ふらっと来た嫁の母親からこんなことを言われました。

 
「この前買い物に行った時、100円ショップでそ~ゆ~の売ってたわよ!」

 
まさかと思って、ネットで調べてみると、確かに100円ショップで効率の良さそうな「ペットボトルキャップはずし」が売られていました。(こちら

 
100円でここまで出来てれば、みんなこれ買うよな。。。。

 
少しでも売れる商品になればいいなと思って、作っていたのでさすがに少しショックでした。

ちなみに今回の試作では、3Dプリンターを利用させてもらえる施設で3Dプリンタ出力をお願いし(毎度ですが、豊橋のサイエンスコアで3Dプリンタを利用させて頂きました)、細々した部品をホームセンターで購入したので、合計3千円程の費用をかけてつくりあげました。

 
どんだけ高いんだ。。。。

 
まぁでも3DCADの勉強と設計の勉強ができたと思えば安いもんだと思います。

キャップを挟みこむ部分などこだわって作れたので、自分としては満足ですが、まだまだ試作の段階なので、興味を持ってくださる方がいれば、もう少し改善してさらにカッコ良く、使い易くしていきたいと思っております。

最初の固定がしっかりできていれば、こんな感じで三歳の娘でも開けることができます。

(↓動画)
※色んな雑音が入ってしまいました。すみません。ディズニーアニメ!?

 
<以下、製作の様子です。>

3DCADでこんな感じに描いてみました!↓

3dcad-pet

これを3Dプリンターで出力してもらいました!

 
なるべく反りがでないように、室温管理などして頂いてプリントアウトしているのですが、長いものだとこのように反ってしまう時もあります。↓

DSC_1674r

今回は反りがあっても組み上げできそうだったので、ここまま使用しました。

 
3Dプリントした直後はこのように、補強の上に製作物が載ったようなカタチで出力されます。↓

DSC_1692r

DSC_1689r

DSC_1691r

この補強部分を綺麗に剥がすのが、なかなか難しいんです。

高価なプリンタの場合は、簡単に剥がせたり、補強材自体を溶かしてしまったりするものもあるようです。

積層ピッチを細かくして、アクリルの素材で出力すると綺麗に出来上がる情報もあります。今後、色々と試していきたいと思います。

 
それでは、この補強部分をニッパーやカッターなどで剥がしていきましょう。

ここの部分はニッパーで剥がしました↓

DSC_1685r

 
こんな感じになりました。↓

DSC_1686r

 
ここの部分はカッターで剥がしました↓

DSC_1687r

※結構硬いので、手を切ったり、折れた刃が顔へ飛んでくる可能性もありますので十分注意して作業してください。

 
全体的に綺麗に剥がすことができました。↓

DSC_1693r

 
このプリントアウトしたものを、ボルトなどの部品で組み立て、少し修正等して今回は完成としました!

先ほども書きましたが、まだまだ試作の段階なので、興味を持ってくださる方がいれば、もう少し改善してさらにカッコ良く、使い易く改善していきたいと思っております。

また、3DCADデータを使って、個人的な使用の範囲で作ってみたいという方がいれば、お問い合わせからご連絡いただければ、修正を反映させた3DCADデータをお渡ししようと思っております。(2、3こちらからのお願いしたいこともございますが・・)

 


3Dプリンターを使うと色んなものを作る事ができます。みなさんも日常生活で「こんなものあったらいいな~」と感じたもの、作ってみてはいかがでしょうか?

3Dデータを作る3DCADには無料のものもあります。(自分も無料の『Autodesk123D』を使っています!)

ですので、普段使用しているPCさえあれば追加でそれほど大きな費用がかかるわけではありません。(少し高めのスペックのPCを準備できれば尚良い!)

3Dプリント出力を行っている場所を探せば、使った分だけの使用料を払うだけで色んなものをつくることが可能なんです!

※3Dプリント出力を行っている場所
     =ファブラボ的な場所、ネットプリントサービス など

ぜひみなさんも、自分だけのオリジナルアイテムを、3Dプリンターで実現させてみましょう!

 
↓ランキング参加してます!よろしければ、クリックで応援して下さいっ!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 
↓こちらもお願いしますっ!

人気ブログランキングへ

 

 

最後までお読みいただいて、ありがとうございます。

もしこの記事を気に入っていただけたなら、SNSで共有していただけると、とても嬉しいです!どうぞ、よろしくお願いいたします!m(_ _)m

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『みなラボ』をフォローしよう!

Feedly、RSSはこちら!!

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です