rp_0.jpg

あなたも人型ロボットの操縦者になれる!?

いつも「みなラボ」にアクセスいただいてありがとうございます!(´∀`*)ノシ

↑みなラボのページに「いいね!」はコチラから↑(>∀<)ノ☆ 


「v-sido」というロボットコントロールを一括で制御できるソフトが凄い。

少し前のNHK「サイエンスゼロ」でも放送されてましたが、人型ロボットの姿勢を制御する為に、関節として使われる複数のサーボモーターを簡単に制御できるように、簡略化された「テンプレート」のような制御OSが開発されました。
 
吉崎さんという方が開発し、なんとその制御プログラム「v-sido OS」を今後のロボット開発の裾野を広げる為にと、無料で公開されているんです!

v-sido URL

現段階(2015.05)でこの「v-sido OS」に対応しているのは、hpi社製 GR-001(RS303,304) という小型のロボットのみですが、各パラメーターを実機に適用できる腕があれば、違うロボットでも制御していけるのではないかと思います。

ゲーム用のkinectでも操縦が可能という事で、プレーヤーの動きに合わて、実機の小型ロボットが追従して動くというところまでならば、直ぐに実現可能となっているようです。

 
小型ロボット「hpi社製 GR-001(RS303,304)」の価格が10万円程なので、小遣いで購入するのには少しハードルが高いかもしれませんが、ロボット系の開発の足掛かりする、ロボット大会用のロボットのベースとする、子供の教育の一環として与える、など興味のある方には、今まで簡単にはできなかった事が簡単にできるようになり、ロボットを身近に感じることができると思います。

こういった経験から、また新たな新製品や新技術が生まれて行くと思うので、積極的に体験できると良いと思います。

自分もかなり興味があってすぐにでも購入したいのですが、何分稼ぎが少ないので、購入できる資金ができ次第購入してみたいと思っております。

 
↓ランキング参加してます!よろしければ、クリックで応援して下さいっ!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 
↓こちらもお願いしますっ!

人気ブログランキングへ

 

 

最後までお読みいただいて、ありがとうございます。

もしこの記事を気に入っていただけたなら、SNSで共有していただけると、とても嬉しいです!どうぞ、よろしくお願いいたします!m(_ _)m

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『みなラボ』をフォローしよう!

Feedly、RSSはこちら!!

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です