top-c1

こんな使い方があった!Arduino(アルディーノ)完全攻略。選び方から使用方法のまとめ

いつも「みなラボ」にアクセスいただいてありがとうございます!(´∀`*)ノシ

↑みなラボのページに「いいね!」はコチラから↑(>∀<)ノ☆ 


色んな使い方ができるArduino(アルディーノ、アルドゥイーノ?、アルデュイーノ?)ですが、

使い始める為の情報が少なかったり、

使用実例がまだまだ少ないようなので、

超初心者からソコソコ使い込んでる人へ向けて、あったら便利な情報をひとまとめにしてみました。

これからArduino(アルディーノ)を使ってみようと考えてる方、既に使っていて他に便利な使い方がないかと思っている方に向けての、

選び方から使用方法を中心にまとめています。

 

スポンサーリンク

1.Arduino(アルディーノ)公式ページ

Arduinoには公式ページがあるのですが、全て英語なので読んで理解するのは大変な作業になります。英語が得意な方だったら簡単なのかも。。

一応載せておきます。

 
Arduino公式ページ
https://www.arduino.cc/

top-c1

 

スポンサーリンク

2.Arduino(アルディーノ)選定情報まとめ

巷で流行っているArduinoですが、まずどのタイプのものを選んだらいいか迷ってしまうと思います。

そんな時に、参考にしたい記事がコチラ↓

徹底比較。Arduino(アルディーノ)シリーズ23種類の価格、スペック、まとめ一覧表
http://share-lab.net/arduino-matome2

arduino-shhurui1

 
多くの種類(2016年7月現在ラインナップされている全てのArduino)の詳細を一覧にして掲載しています。

ちょっと玄人向けの情報(クロック周波数や入出力ピン数など)も載せているので、本格的な使用をされる方にも参考にしていただけたらと思います。

 

スポンサーリンク

3.Arduino(アルディーノ)購入先まとめ

続いて、実際に購入する為のショップの情報です。

自分もこのショップで購入したのですが、Arduino本体外にも周辺パーツが豊富にラインナップされていて、まとめて購入できるところが良いです。

商品によって違いがあるようですが、3000円~5000円以上の購入で送料も無料になります。

自分が購入したArduinoはLeonardo(レオナルド)というものなのですが、それ自体で3000円を超えます。

※Arduino Leonardoは、Arduino UNO R3より若干高性能ですが、ほぼ同等に使えるシリーズです。

周辺パーツも2、3購入しましたが、送料無料で購入することができました。

支払もPayPalを介して、クレジットカードで決済できるのでとても便利です。こちらのショップ↓

 
SWITCHSCIENCE
https://www.switch-science.com/

swithscience-c

 

4.Arduino(アルディーノ)プログラミング方法まとめ

Arduino(アルディーノ)をコントロールする為には、配線をつなげて念じていれば自動的にコントロールできるわけではありません。

あらかじめプログラミングしたものをArduino本体に格納する必要があります。

ArduinoIDEという専用のプログラミングソフトでプログラムを記述し、そのプログラムをArduino本体にダウンロードします。

ダウンロードしてArduino本体に格納されたプログラムが色んな判断をして、様々なコントロールが可能になります。

 

4-1.ArduinoIDEのダウンロード

まずはArduinoIDEのダウンロードです。
ArduinoIDEダウンロード公式
https://www.arduino.cc/en/Main/Software

赤丸内をクリック!

少しわかりにくいですが、左側のダウンロード(赤丸内)をクリックすると無料ダウンロードできます。

 

4-2.サンプルプログラムの解説

ArduinoIDEには参考となるサンプルプログラムがいくつかラインナップされています。

さまざまなプログラムを書くためにも参考となるサンプルプログラムを理解して、活用する必要があります。

そのサンプルプログラムを網羅していて、しかも解説してくれているサイトがあるので紹介します↓

 
garretlab
http://garretlab.web.fc2.com/arduino/examples/

arduino-sample-c

 

4-3.「Hello World」させる方法

Arduino(アルディーノ)の初期動作確認も含めて、Arduinoが届いたらまず「Hello World」させてみましょう!

通信可能なUSBケーブル↓さえ用意すれば、直ぐに進めることができ、プログラム書き込みやPC-Arduino間の通信の確認まで同時にチェックできてしまいます!!

↓の記事に内容をまとめています。

 
届いたら速やってみよう!Arduino入門編「Hello World」| みなラボ
http://share-lab.net/arduino-helloworld1

Arduino-HelloWorld1

 

4-4.「Lチカ」させる方法

「Hello World」出来たら、参考記事のLチカ用サンプルプログラムを流用して、出力を確認してみましょう!

※Lチカ=LED点滅

↓の記事にまとめていますので、参考にして下さい!

 
書いてみようっ!Arduino(アルディーノ)入門編「LED点滅(Lチカ)プログラム」 | みなラボ
http://share-lab.net/arduino-led1

Lチカサムネイル1

 

4-5.タイマー割り込み

ルネサスのH8やSHマイコンなどを使用していた人なら良く使うと思うのですが、Arduinoでも同様にタイマー割り込みでプログラミングする事が可能です。

 
arduino使い方:タイマー割り込み
http://www.geocities.jp/zattouka/GarageHouse/micon/Arduino/TIMERtoLED/TIMERtoLED.htm

タイマー割り込み-c

 

5.周辺電子回路設計まとめ

Arduinoの出力信号で何かをコントロールするには様々な電子回路を設計して、信号をアクチュエータに伝える必要があります。

その為に参考となる電子回路を解説してくれているサイトをまとめます。

 

5-1.リレー駆動回路

 
NPNオープンコレクタドライバ
http://www.iccraft.com/basic/driver/npn_oc/

NPNオープンコレクタドライバ-c

 
みなラボでの実施例はコチラ↓

 
Arduino(アルディーノ)入門編「トランジスターを使ってリレー回路を創ってみよう!」|みなラボ
http://share-lab.net/arduino-relay-circuit1

リレー回路サムネイル1

 

5-2.モーター駆動回路

 
(順次アップ予定です。)

 

5-3.ブルートゥース用回路

 
(順次アップ予定です。)

 

5-4.スイッチ回路

 
(順次アップ予定です。)

 

5-5.各センサー回路

 
(順次アップ予定です。)

 

5-6.Arduino(アルディーノ)の消費電力

電源を確保する時に必要なArduino自体の消費電流もチェックしました。

下のサイトよるとArduino本体の基板のみでも50mA程度の電流を消費するようです。

 
Arduinoのマイコン・ボードの消費電流
http://www.eleki-jack.com/FC/2013/12/arduino1.html

消費電力-c

 
電子回路自作の場合は、すぐにUSB接続やACアダプタからの電源を投入しないで下さい。

自作電子回路に万が一不具合があった場合、ショートなどで接続されているパソコンが壊れてしまったり、ブレーカーが落ちてしまったりする恐れがあります。

他の機器とは切り離した状態(電池などの電源使用時)で動作の確認をする事をお勧めします。

 

6.電子部品購入先まとめ

電子回路の設計ができたら、電子部品の購入です。

まずは定番のこちらのサイト↓

 
秋月電子通商
http://akizukidenshi.com/catalog/default.aspx

秋月電子通商-c

 
抵抗やダイオード等を小ロットから販売してもらえます。

抵抗は100本単位から。100本で百円です。

カテゴリーから探していくのは大変なので、左上あたりのキーワード検索で探すと楽チンです。

 
こちらも様々な電子部品が揃っています。↓
 
RSコンポーネンツ
http://jp.rs-online.com/web/

RSコンポーネンツ-c

 

7.電子回路製作の必要備品まとめ

1.ブレッドボード(「ブレッドボード」で検索)

2.半田ごて、テスター(「ハンダ」、「テスタ」で検索)

3.オシロスコープ(「オシロ」で検索)

4.電源(「定電圧 キット」で検索)

 ※( )内、秋月電子通商の検索用キーワード

大抵のものは先ほど説明した秋月電子通商で揃える事ができます。

電源に関しては、Arduino基板への入力が7~12Vの範囲なので単三電池6本を直列にできる電池ケースを使えばOKだと思います。

(1.2V~1.5V×6本=7.2V~8Vなので)

充電式の電池の方が電圧が高めなようです。

電子回路自作の場合は、すぐにUSB接続やACアダプタからの電源を投入しないで下さい。

自作電子回路に万が一不具合があった場合、ショートなどで接続されているパソコンが壊れてしまったり、ブレーカーが落ちてしまったりする恐れがあります。

他の機器とは切り離した状態(電池などの電源使用時)で動作の確認をする事をお勧めします。

Arduino基板追加して電子回路を組まない場合は、ショートなどの危険はほとんどないと思いますので、USBケーブルからの電源供給で問題ないと思います。

専用のACアダプタもあるようなのでそちらでも良いと思います。

電池で物足りない場合は、市販の定圧電源装置を購入することになるのですが、普通に買うと2~3万円程度になります。

秋月電子通商にには、キットものの定圧電源装置があります。

説明書を見ればわかりますが、追加の必要部品の調達やハンダづけを自分で行わなければなりませんが、数千円で仕上げることができますので、こちらを使うのも良いのではと思います。

 

8.Arduino(アルディーノ)の色んな使い方まとめ

 
自動水やりロボット
http://2m3g1.com/2693.html

自動水やりロボットc

 
 
おてんきくま
http://d.hatena.ne.jp/k_matsuda/20101107/1289148782

おてんきくまc

 
 
テルミンのような楽器
http://cubic9.com/Devel/%C5%C5%BB%D2%B9%A9%BA%EE/Arduino/%B3%DA%B4%EF/

テルミンのような楽器c

 
 
Arduinoでモーターを制御する!(その3)。自作ラジコンカーに挑戦!サーボモーターでステアリング実装。
http://deviceplus.jp/hobby/entry013/

モーターを制御するc

 
 
AndroidとFonで自作ラジコンを動かす(Arduino)
http://miettal.hatenablog.com/entry/20111210/1323539202

自作ラジコンを動かすc

 
 
至高のウェアラブルデバイス「あのスカウター」をLEDとArduinoで作ってみた
https://fabcross.jp/category/make/20141201_julie_watai_scouter_01.html

スカウターc

 
 
夏が終わった・・・。間に合わなかったArduino(アルディーノ)式自作エアコン室外機用自動散水システム
http://share-lab.net/arduino-sansuisouchi1

sannsui-1

 
 
その他、Arduinoを使った電子工作サイトを順次アップ予定です。

 

オススメのキット、書籍

 

 

 

 

 

 

 

 


↑すぐ上の書籍『Arduinoをはじめよう 第3版 (Make:PROJECTS)』の例題に一部対応させたセット内容になっています。^^

 


↑Arduino純正ではありませんが、互換品なので同等に使用できます。しかも、リーズナブル!^^ただし、開発環境の構築(ファームウエアのダウンロードなど)が必要な場合があるので、少し玄人向けになります。

 
 
 
 
 

 
ランキングに参加しています!

もしこの記事を気に入っていただけたなら、↓クリックで応援していただけると、とても嬉しいです! (∩´∀`)∩

※クリックで「みなラボ」へ1票&「みなラボ」のランキング状況を確認いただけます!

どうぞ、よろしくお願いいたします!m(_ _)m


にほんブログ村

 
↓こちらもお願いしますっ!m(_ _)m


人気ブログランキングへ
 

この記事を読んでいる人はこちらの記事も読んでいます。(※広告も含む。)

 

 

最後までお読みいただいて、ありがとうございます。

もしこの記事を気に入っていただけたなら、SNSで共有していただけると、とても嬉しいです!どうぞ、よろしくお願いいたします!m(_ _)m

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『みなラボ』をフォローしよう!

Feedly、RSS、Push7はこちら!!

follow us in feedly

まだデータがありません。

まだデータがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です