【2020年版】1,000円以下の予算で、動画配信サービスをテレビで簡単に視聴する方法

いつも「みなラボ」にアクセスいただいてありがとうございます!(´∀`*)ノシ
↓「ブログランキング」と「ブログ村」の2つのランキングに参加しています!クリックで応援していただけると、もの凄く励みになります!↓(∩´∀`)∩ ※右クリック「新しいタブで開く」が非常に便利です♪

 
ブログランキング・にほんブログ村へ

※↑それぞれのクリックで「みなラボ」へ1票&「みなラボ」のランキング状況を確認いただけます! 


こんにちは!や~べ~です。

今回は、【2020年版】1,000円以下の予算で、動画配信サービスをテレビで簡単に視聴する方法、ということで記事を書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【2020年版】1,000円以下の予算で、動画配信サービスをテレビで簡単に視聴する方法

 
(※今回の方法は、新調する周辺機器を最小限にするために、既に家にあるものを応用して、予算を抑えています。代用品が無い場合には、予算が1,000円を超えてしまうと思いますが、そのあたりはご容赦いただきたいと思います。)

(※動画配信サービスの無料期間を満了した後は、月額使用料がかかります。)

 
僕の場合は、Amazonプライムビデオをテレビの大画面で楽しみたいと考えていたのですが、

近所の家電量販店などでは、どこにいっても「Fire TV Stick」が品切れで販売しておらず、メルカリや楽天では、通常価格を上回るプレミア価格でしか購入することができなくなっていて、どうしたものかと困っていました。

 
そんな中、何か良い方法はないかと、ネット検索していると、「スマホをHDMI変換ケーブルでテレビに繋いで動画を映しだすことができる」という内容の記事を発見して、「これは使えるっ!」と思い、我が家で実践できるか、周辺機器等を色々と調査し、実際、1,000円以下の960円で周辺機器を揃え、テレビに動画配信サービスを映しだすことを実現できたのでその方法を共有させていただきたいと思います。(※ネット通販なら、500円以下でも実現可能です。。。)

(※僕の場合は、この方法は恒久的な方法ではなく、「Fire TV Stick」が通常価格で購入できるようなったら、そちらに変更する予定です。まずは試しに、動画配信サービスをテレビで見てみようと言う場合には、有効な手段だと思います。)

 

スポンサーリンク

1,000円以下の予算で、動画配信サービスをテレビで簡単に視聴する為に準備するもの

 
まずは、今回の方法に使えるものが自宅にあるかどうか、↓のリストを参考に調査していきましょう!

 
<必要機材(既に自宅にあるとベター)>

  • テレビ(HDMI端子付き)
  • Wi-Fi環境
  • タブレット端末(もしくは、MHL対応スマホ)
  • Switch本体(もしくは、余ったHDMIケーブル)

 
<購入機材>

  • HDMI変換アダプタ(※スマホの場合は、MHLケーブルなど。←スマホ側がMHL対応か要チェックです。)

※MHLケーブルとは、microUSB⇒HDMIに変換できるケーブルのことです。

 

 

 

スポンサーリンク

接続方法

 
僕の場合は、タブレット端末(Android7.0 DragonTouchV10)に、「mini HDMI 端子」があったので、「mini-HDMI端子(タイプC)⇔HDMI端子(タイプA)変換アダプタ」を挿し、そこに通常のHDMIケーブル(タイプA)を接続し、テレビの側面などにあるHDMI端子へ繋げる方法を実践しました。

(僕の場合、本体がテレビ台の上にあってケーブルの取り外しの簡単な「Switch」から、HDMIケーブルを拝借しました。。。HDMIケーブルって結構高額ですもんねぇ。。。)

 

スポンサーリンク

接続確認

 
接続ができたら、テレビのチャンネルを接続したHDML端子番号に切り替えてみてください。

接続したタブレットやスマホの画面がそのまま映しだされていれば成功です!^^

 
上手く映し出されていなければ、今一度、接続やテレビのチャンネルを確認してみてください。

それでもダメな場合は、使用しているタブレットやスマホの仕様やケーブル・アダプタの仕様をもう一度調査して、HDMI出力可能かどうかチェックしてみてください。

ここまでチェックすれば、きっと原因もハッキリして、良い対策が打てるのではないかと思います。

 
※ちなみにAmazonプライムビデオの場合は、Android用の専用アプリが存在しますので、そちらをインストールすると簡単に視聴開始することができます。その他の各動画配信サービス(Hulu、U-NET、Netflix)の場合は、各公式ホームページから動画視聴を開始できると思いますので、ご確認ください。

 

まとめ

 
【2020年版】1,000円以下の予算で、動画配信サービスをテレビで簡単に視聴する方法、ということで記事を書かせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

 
今回紹介させていただいたような方法を使えば、ほとんど費用をかけずに、動画配信サービスをテレビの大画面で楽しむことができると思います。(∩´∀`)∩

動画配信サービスを利用しようかなぁ~と考えた時、テレビ画面に映るかどうかは結構大きなポイントだと思います。(`∇´)

多くの動画配信サービスは、一定期間の無料お試し期間があると思いますので、その期間を使って、テレビでも動画配信サービスの視聴を試してみると、そのサービスが自分に合っているのかどうなのか判断がつきやすいのではないかと思います。(*^▽^*)

ぜひこの機会に一度チェックされてみてはいかがでしょうか?(>∀<)ノ☆

 
(追記)今回の方法は、「Fire TV Stick 4K」が手元に無い場合には有効だと思います。ただ、タブレットの性能が悪いのか、Wi-Fi電波状況が悪いのか、時々動画が止まってしまうことがありました。。。ですので、「Fire TV Stick 4K」が定価で購入できるようになるまでのツナギとして考えるくらいが良いのかもしれません。。。

 
じゃあ、今回はここまでっ!!

ではではっ!(´∀`*)ノシ

 

「Fire TV Stick 4K」+「Amazonプライムビデオ」についての詳細情報はこちら↓

 
「Fire TV Stick 4K」

 

 
「Amazonプライムビデオ」

 

「Amazonプライム会員」、「Prime Student」の様々な特典情報についてはこちら↓

 
「Amazonプライム会員」

 
「Prime Student」

 

 

「U-NEXT」の詳細情報についてはこちら↓

 


 

「Hulu」の詳細情報についてはこちら↓

 
hulu

 

ランキング

 
ランキングに参加しています!

もしこの記事を気に入っていただけたなら、↓クリックで応援していただけると、とても嬉しいです! (∩´∀`)∩

※クリックで「みなラボ」へ1票&「みなラボ」のランキング状況を確認いただけます!

どうぞ、よろしくお願いいたします!m(_ _)m


にほんブログ村

 
↓こちらもお願いしますっ!


人気ブログランキングへ
 

こちらの記事もオススメ!(>∀<)ノ☆
Androidスマホで楽天モバイルの申し込みができない時の解決方法
急げ!【~6/17(水)まで】楽天モバイルが機種代コミで『1年間無料』キャンペーン
【2020年版】メルカリ匿名配送「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」の送料・サイズ・重量一覧&出品手数料について
『2020年更新版』Windows10も可! Movie Maker「ムービーメーカー」をダウンロードする方法
【2020年版】動画配信サービスを最もコスパ良く&簡単にテレビの大画面で楽しむ方法(おすすめ&比較)
たぶん新型コロナウイルスに感染したであろう僕が完治するまでの症状を記録した闘病日記
【毎月約4千円節約できる】簡単にデュアルSIM(DSDS)スマホでドコモSIMと格安SIMを両方同時に使う方法
嫁の遺伝子検査結果をコソッと紹介(笑)GeneLife(ジーンライフ)の肥満遺伝子検査DIET(ダイエット)を試してみた結果。。。
 

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています。↓(※広告含む)

 

 

最後までお読みいただいて、ありがとうございます。

もしこの記事を気に入っていただけたなら、SNSで共有していただけると、とても嬉しいです!どうぞ、よろしくお願いいたします!m(_ _)m

※↓「LINEいいね」ボタンを押して、この記事をタイムラインでシェアして頂けると、非常に喜びます!(∩´∀`)∩↓

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『みなラボ』をフォローしよう!

Feedly、RSS、Push7はこちら!!

follow us in feedly

Line@はこちら!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です