【2020年版】動画配信サービスを最もコスパ良く&簡単にテレビの大画面で楽しむ方法(おすすめ&比較)

いつも「みなラボ」にアクセスいただいてありがとうございます!(´∀`*)ノシ
↓「ブログランキング」と「ブログ村」の2つのランキングに参加しています!クリックで応援していただけると、もの凄く励みになります!↓(∩´∀`)∩ ※右クリック「新しいタブで開く」が非常に便利です♪

 
ブログランキング・にほんブログ村へ

※↑それぞれのクリックで「みなラボ」へ1票&「みなラボ」のランキング状況を確認いただけます! 


こんにちは!や~べ~です。

最近、家に居る時間が多いので、地上波やBSで途中まで見た海外ドラマの続きを一気に見たいなぁと思って、レンタルビデオ屋さんでDVDを借りてくる事が多いのですが、近所のレンタルビデオ屋さんは在庫が少ないので、

見たい時に、見たいタイトルがレンタルできない。。。

なんて事もしばしばあります。。。

 
あぁ~何か良い方法ないかなぁと思って、色々と調べてみると、

 
コスト的にも、タイトルラインナップ的にも、「動画配信サービス」が意外と良い!ということが分かりました。

 
と、いうことで、

今回は、僕が考える、【2020年版】動画配信サービスを最もコスパ良く&簡単にテレビの大画面で楽しむ方法(おすすめ&比較)、ということで記事を書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【2020年版】動画配信サービスを最もコスパ良く&簡単にテレビの大画面で楽しむ方法(おすすめ&比較)と視聴可能作品タイトル比較用公式ページ一覧(海外ドラマ・映画・アニメなど)

 
僕がテレビの大画面で動画配信サービスを視聴する時に、一番におすすめしたい方法は、

 
 
 
 
 

 

「家にあるテレビ(HDMI端子が必要)」+「Fire TV Stick 4K」+「Amazonプライムビデオ」

 
 
 
 
 

 
を使って、動画配信サービスを視聴する方法です。

 
この方法が、もっともコストパフォーマンス的に優れており、尚かつ、視聴までの設定等の手続きもスムーズに行えると思います。

さらに言えば、「Amazonプライムビデオ」の場合は、「Amazonプライム」のその他の会員特典も全て享受することができるので、非常におすすめだと思います。

 

スポンサーリンク

僕がもっともおすすめする「動画配信サービスをテレビで楽しむ方法」

 
まずは、「家にあるテレビ(HDMI端子が必要)」+「Fire TV Stick 4K」+「Amazonプライムビデオ」で、動画配信サービスを視聴する為に必要な機材・環境などを詳細にまとめて行きたいと思います。

 
<必要機材・環境>

  • 家にあるテレビ(HDMI端子が必要)
  • Wi-Fi環境
  • Fire TV Stick 4K(6,980円)
  • ※Fire TV Stickは、専用リモコンで操作可能!

 
<動画配信サービス>

 
新しくテレビやレコーダーを購入するよりも断然コストを抑えることができ、他の動画配信サービスよりも圧倒的に月額費用がお得になっています。

その分、配信タイトル作品数がやや少なくなっています(3,000超タイトル程度)が、普通に最新でない海外ドラマや映画などを視聴する分には、なんら気にならないレベルだと思います。

 
海外ドラマなどの他にも、アニメ・お笑いなども数多くラインナップされています。

多くの方の場合、恐らく思いつく動画タイトルの90%以上はカバーできているのではなかと思います。


(※ちなみに僕の場合は、狙っている海外ドラマが100%カバーされていました。。。^^)

「本当に~っっ??」と思われた方、ぜひ、配信作品・タイトルの詳細を↓Amazonプライムビデオ公式ページから、確認してみて下さいねっ!!

※Amazonアカウントが無くても、ログイン不要でチェックできますよっ!^^

 
⇒『Amazonプライムビデオ公式ページ』

 
Amazonプライムビデオを含めた、各動画配信サービスについての詳細情報は、↓のようになっています。

 
<各動画配信サービスの作品タイトル数と月額利用料一覧>

  • Amazonプライムビデオ→3,600本/月額500円(無料お試し30日間)
  • Hulu→3,927本/月額1,026円(無料お試し14日間)
  • Netflix→5,474本/月額800円:ベーシックプラン(無料お試し無し)
  • U-NEXT→14,189本/月額1,990円(無料お試し31日間)

※2020年5月現在。
※Netflixは、ベーシックプラン→月額800円、スタンダードプラン→月額1,200円、プレミアムプラン→月額1,900円。
※Amazonプライムビデオは、年間払いで4,900円⇒月額約408円になります。さらに、学生の場合(Prime Student)は、6ヵ月の無料お試し期間、かつ、月間プラン250円/月、年間プラン2,450円/年でOK!

 
(↓参考記事)
NETFLIXの料金プラン比較!契約中のプラン変更やauのセットプランを徹底解説
https://internet-kyokasho.com/netflix-plan/

 

スポンサーリンク

数ある機器の中で「Fire TV Stick 4K」を選ぶ理由

 

  • Amazon製の機器なので、「Amazonプライムビデオ」との相性がもっとも良いと思うから。
  • 「Amazonプライムビデオ」以外の動画配信サービスにも転用可能だから。(↓一覧※1参照方。)
  • 旧型の「Fire TV Stick」よりも起動が速いから。(↓参考記事※2参照方。)
  • 将来的に4Kテレビに買い替えた場合、そのまま4K動画を楽しむことができるから。
  • 4K非対応テレビの場合でも、通常画質で視聴できるから。

 
<「Fire TV Stick 4K」対応の動画配信サービス一覧※1>

  • Amazonプライムビデオ
  • Hulu
  • U-NEXT
  • NETFLIX
  • dTV
  • FODプレミアム
  • Paravi
  • TSUTAYA TV
  • ビデオパス
  • dアニメストア
  • DAZN
  • Youtube(ユーチューブ)

 
(↓参考記事※2)
【2020最新版】Fire TVは無印より4K版をおすすめしたい理由|FireTVシリーズの買い方・選び方
https://the360.life/U1301.doit?id=6236

 

スポンサーリンク

「Fire TV Stick 4K」をテレビに接続する方法&操作方法

 
テレビの背面や側面にあるHDMI端子に挿し、Wi-Fiに接続することによって「Amazonプライムビデオ」などの動画配信サービスをテレビで視聴することができます。

ほぼHDMI端子と電源を接続するだけなので、簡単に接続でき、専用リモコンがあるので初期設定も簡単に行えます。

 
(↓参考記事)
Fire TV Stickの接続・起動方法
https://mag.app-liv.jp/archive/121484/#486267

 
「Fire TV Stick」のテレビへの接続方法&初回セットアップ手順解説
https://enjoypclife.net/2018/07/29/fire-tv-stick-usage-setup/#toc9

 
Fire TV Stickをテレビに設置しよう!
https://harulog.jp/19992.html#Fire_TV_Stick-3

 
Amazonプライムビデオで、次のタイトルの自動再生を止める方法。Fire TV Stick対応版
https://papayaru.com/amazon-primevideo-autoplay/

 

「Fire TV Stick 4K」を使って「Hulu」をテレビで見るための設定・使い方

 
Amazon Fire TV 内の「Hulu」アプリをダウンロード&設定することにより、Fire TV StickでHuluを視聴する事も可能です。
(※もちろん、その場合は、Huluの契約が必要です。)

 
(↓参考記事)
Amazon Fire TV からの「Hulu」の使い方
https://help.hulu.jp/faq/show/1191?site_domain=jp

 
【2019年最新】Fire TV Stickを使ってHuluをテレビで見るための設定・使い方
https://ollyfactory.com/hulu/fire-tv-stick%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%A3%E3%81%A6hulu%E3%82%92%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%81%A7%E8%A6%8B%E3%82%8B/

 

「Amazonプライムビデオ」をクルマのカーナビで見る方法

 
スマホへWi-Fi経由で動画をダウンロードし、microUSB-HDMI変換ケーブル(MHLケーブル)などを使って、そのスマホをカーナビの映像入力へ接続する方法がもっとも簡単な方法になります。

※Wi-Fi経由で動画をダウンロードするので、携帯電話契約無し、SIM無しの古いスマホでもOKです。

 
ダウンロードしたSDカードを取り出して、カーナビのSDスロットへ直接挿入し、動画を再生する方法は、動画の形式などの問題から簡単に実現することは難しいと思います。

 
(↓参考記事)
スマホをカーナビに接続して車で動画を観る方法。amazonプライムビデオなら子供も満足!
https://onogenki.com/blog/2020/02/23/amazonprime2/

 
amazonの「Prime Video」をカーナビを使って車内で見る方法のまとめ
https://car-accessory-news.com/car-navi-prime-video/

 
AmazonプライムビデオのSDカードへのダウンロード
https://dougahaishin-service.com/amazon-video/amazon-video-sdcard.html

 
Amazon Prime Video を SD カードへダウンロード保存する方法
https://www.any-video-converter.com/jp/how-to/download-amazon-video-to-sdcard.php

 
カーナビでSDカードの再生が難しい理由は、↓の参考記事を参照してください。

 
カーナビでMP4ファイルを再生する方法と注意点
https://car-accessory-news.com/car-navi-mp4/

 
SDカードにDVDとか録画データをぶち込んでカーナビで見てるよ!
https://ma-hiro.com/sd%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%ABdvd%E3%81%A8%E3%81%8B%E9%8C%B2%E7%94%BB%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%92%E3%81%B6%E3%81%A1%E8%BE%BC%E3%82%93%E3%81%A7%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%93/

 

「Fire TV Stick」以外の方法で、動画配信サービスをテレビの大画面で楽しむ方法

 
※暫定的に、テレビで動画配信サービスを視聴する方法としては、↓こちらの方法もおすすめです。

 
【2020年版】1,000円以下の予算で、動画配信サービスをテレビで簡単に視聴する方法
https://share-lab.net/how-to-watch-vod-on-tv2

 

1.端末をHDMI端子に差し込みテレビで見る方法

 

  • Fire TV Stick 4K
  • Fire TV Cube
  • AppleTV
  • Chromecast
  • Nexus Player(ネクサスプレイヤー)

 

「Chromecast」について

 

 
Chromecast(4,978円)は、Googleが販売するメディアストリーミング端末です。

テレビの背面や側面にあるHDMI端子にデバイスを挿し、Wi-Fiに接続して使用します。

「Fire TV Stick」のような専用リモコンはなく、スマホやタブレット端末の画面に表示される「キャストアイコン」をタップし、テレビに動画を表示させます。

 
<「Chromecast」対応の動画配信サービス一覧>

  • Amazonプライムビデオ
  • Hulu
  • U-NEXT
  • NETFLIX
  • dTV
  • Paravi
  • TSUTAYA TV
  • ビデオパス
  • dアニメストア
  • アニメ放題
  • ゲオTV980
  • DAZN
  • Youtube(ユーチューブ)

 

2.ゲーム機を使ってテレビで見る方法

 

<「PS4」対応の動画配信サービス一覧>

  • Amazonプライムビデオ
  • Hulu
  • U-NEXT
  • NETFLIX
  • Youtube(ユーチューブ)

 
(↓参考記事)
PS4で動画配信サービスを利用するには、どうすればいい?
https://naruhodo-wifi.com/ps4-vod/#PS4

 
<「PS3」対応の動画配信サービス一覧>

  • Amazonプライムビデオ
  • NETFLIX
  • Youtube(ユーチューブ)

 
<「WiiU」対応の動画配信サービス一覧>

  • Amazonプライムビデオ
  • NETFLIX
  • Youtube(ユーチューブ)

 

<「Switch」対応の動画配信サービス一覧>

  • Youtube(ユーチューブ)
  • ニコニコ動画

 

3.インターネットに直接繋がるテレビで見る方法。

 
スマートテレビ(Smart TV)やAndroid TV™、などと呼ばれる、直接インターネットを繋げることのできるテレビで視聴する方法もあります。

各メーカーや型式によって対応するかしないか異なるので、公式サイトからよく確認することが必要です。

対応しているテレビの多くは、「U-NEXT / Hulu / dTV / Netflix / Amazonプライムビデオ」に対応しています。

 
テレビではなく、対応しているブルーレイプレーヤー・レコーダーのラインナップもありますので、テレビではなくブルーレイプレーヤー・レコーダーを購入しても、動画配信サービスを視聴することができます。

 
詳細は、Google検索で「メーカー名 スマートテレビ」で調べると、すぐに公式ページへジャンプできると思います。




 

各動画配信サービスの視聴可能作品・タイトルを比較検索できる公式ページ一覧

 
見たい映画やドラマが、実際に、「どの動画配信サービスで視聴可能なのか?」というところが、あらかじめチェックしておきたい最も重要なポイントだと思いますので、↓に一覧にさせていただきました。各公式サイトのページ内検索を使えば、視聴可能作品・タイトルをサクっと検索することができます!

※ログイン不要で調べられます!^^

 

(※NETFLIXのみ、アカウントが無い場合は、検索できません。。。)

 

まとめ

 
【2020年版】動画配信サービスを最もコスパ良く&簡単にテレビの大画面で楽しむ方法(おすすめ&比較)、ということで記事を書かせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

 
僕のおすすめは、「Fire TV Stick 4K」を使って、「Amazonプライムビデオ」の契約をして、「家にあるテレビ(HDMI端子が必要)」で、動画配信サービスを楽しむ方法ですが、それ以外の方法も一通りまとめさせていただいたので、客観的に見ていただいて、一番気に入った方法を試していただければ良いと思っております。(∩´∀`)∩

 
今回のおすすめは、あくまで「コストをなるべく抑え」ながら、「そこそこ納得できるタイトルラインナップ数が確保されている動画配信サービス」を「テレビの大画面で楽しむ」ということに特化していますので、予算的に余裕があって必要機材が極力少ない方が良いという場合には、「スマートテレビ」を選択するのがベストだと思いますし、コアな動画や最新映画などを視聴したいという場合には、視聴可能なタイトル数が多い「U-NEXT」を選択するのがベストなのではないかと思います。(`∇´)

 
「動画配信サービス」を使えば、地上波やBSで途中まで見た海外ドラマの続きが気になるから一気に見たい、日本でドラマ化されている元となった海外ドラマを一気に見たい、昔見ていたアニメをもう一度一気に見たいなど、思いつきで見たくなった動画を瞬時に視聴し始めることができると思います。

ぜひこの機会に、気になった「動画配信サービス」を一度チェックされてみてはいかがでしょうか?(>∀<)ノ☆

 
じゃあ、今回はここまでっ!!

ではではっ!(´∀`*)ノシ

 

「Fire TV Stick 4K」+「Amazonプライムビデオ」についての詳細情報はこちら↓

 
「Fire TV Stick 4K」

 

 
「Amazonプライムビデオ」

 

「Amazonプライム会員」、「Prime Student」の様々な特典情報についてはこちら↓

 
「Amazonプライム会員」

 
「Prime Student」

 

 

「U-NEXT」の詳細情報についてはこちら↓

 


 

「Hulu」の詳細情報についてはこちら↓

 
hulu

 

ランキング

 
ランキングに参加しています!

もしこの記事を気に入っていただけたなら、↓クリックで応援していただけると、とても嬉しいです! (∩´∀`)∩

※クリックで「みなラボ」へ1票&「みなラボ」のランキング状況を確認いただけます!

どうぞ、よろしくお願いいたします!m(_ _)m


にほんブログ村

 
↓こちらもお願いしますっ!


人気ブログランキングへ
 

こちらの記事もオススメ!(>∀<)ノ☆
僕が「AFFINGER5」を激推しする「3つの理由」~WordPressブログ収益化への近道のために~
たぶん新型コロナウイルスに感染したであろう僕が完治するまでの症状を記録した闘病日記
Androidスマホで楽天モバイルの申し込みができない時の解決方法
急げ!【300万名限定】楽天モバイルが月額料金プラン『1年間無料』キャンペーン実施中!
『2020年更新版』Windows10も可! Movie Maker「ムービーメーカー」をダウンロードする方法
嫁の遺伝子検査結果をコソッと紹介(笑)GeneLife(ジーンライフ)の肥満遺伝子検査DIET(ダイエット)を試してみた結果。。。
【2020年版】メルカリ匿名配送「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」の送料・サイズ・重量一覧&出品手数料について
 

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています。↓(※広告含む)

 

 

最後までお読みいただいて、ありがとうございます。

もしこの記事を気に入っていただけたなら、SNSで共有していただけると、とても嬉しいです!どうぞ、よろしくお願いいたします!m(_ _)m

※↓「LINEいいね」ボタンを押して、この記事をタイムラインでシェアして頂けると、非常に喜びます!(∩´∀`)∩↓

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『みなラボ』をフォローしよう!

Feedly、RSS、Push7はこちら!!

follow us in feedly

Line@はこちら!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です