rmove-top2

Scratchプログラミング初級1「スプライトをクリックして歩かせよう♪」

いつも「みなラボ」にアクセスいただいてありがとうございます!(´∀`*)ノシ

↑みなラボのページに「いいね!」はコチラから↑(>∀<)ノ☆ 


こんにちは!や~べ~です。

 
今回は、Scratchプログラミング初級1「スプライトをクリックして歩かせよう♪」、ということで記事を書いていきたいと思います。

 
入門的な、Scratchのインストールやはじめ方などの解説はこちらの記事を参考にしてみて下さい。↓

Scratchプログラミング入門1「スプライトをクリックしてHelloさせよう♪」
http://share-lab.net/scratch1

scratch1-topvew

 

スポンサーリンク

Scratchプログラミング初級1「スプライトをクリックして歩かせよう♪」

 
前回の入門2では、キーボードのスペースキーを押すことによって、「Hello」させる方法を解説しましたが、今回はいよいよスプライトを動かしてみたいと思います。

ネコちゃん(スプライト1)をクリックすると、一定距離、右に移動するというプログラムになります。

 
まずは、完成したプログラムを実行した様子を動画で見ていただきたいと思います↓

※動画中、クリックの動作を緑丸で表現しています!

 
ネコちゃん(スプライト1)をクリックすると、右に歩いていきます!^^

確認できましたでしょうか?

※後ろの赤丸は今回は使いませんので、なるべく気にしないで下さいね。。。^^

 
それでは、プログラミング方法を詳しく説明していきたいと思います。

 
プログラミングの前に、まず動かしてみたいという方は、

↓のリンクからScratchコミュニティーに共有しているプログラムにアクセスして、ブラウザ上で動かしてみて下さい♪

※ログインしなくても作動します!

※ダウンロードして自分のPCに保存する事もできます!

 
03スプライトクリックで右に動く
https://scratch.mit.edu/projects/120064804/#editor

 
ネコちゃん(スプライト1)に↓のようなスクリプト(プログラム)を書いてみてください。

プログラムを書いてみましょう♪
↑クリックで大きくなります♪

 
基本的には、スクリプトタブ内に表示されているブロックを右のスクリプトエリアにドラッグ&ドロップしてプログラミングしていきます。

ブロックの色とスクリプト分類の色は同じ色になっています。

 
今回の場合は、

「このスプライトがクリックされたとき」のブロックは、「イベント」分類から、

「イベント」分類から、ドラッグ&ドロップ!
↑クリックで大きくなります♪

 
「10かいくりかえす」のブロックは、「せいぎょ」分類から、

「せいぎょ」分類から、ドラッグ&ドロップ!
↑クリックで大きくなります♪

 
「xざひょうを10ずつかえる」のブロックは、「うごき」分類からドラッグ&ドロップしてきます。

「うごき」分類から、ドラッグ&ドロップ!
↑クリックで大きくなります♪

 
くっつける順番は、

「このスプライトがクリックされたとき」ブロックの下に、「10かいくりかえす」ブロックをくっつけて、そのあと「10かいくりかえす」ブロックの逆コの字型の間の部分に、「xざひょうを10ずつかえる」ブロックをくっつけてみてください!

 
今回は、スプライトがクリックされるとプログラムがスタートし、「10かいくりかえす」ブロックに挟まれている、「xざひょうを10ずつかえる」動作を10回繰り返すと、プログラムが終了します。

 
3つのブロックが上手く配置できたら、ネコちゃん(スプライト1)をクリックしてみてください。

↓のように、ネコちゃんが右に歩けば大成功です!(∩´∀`)∩

 

スポンサーリンク

スプライトはなぜ、「右」に動くのか?

 
今回は、「xざひょうを10ずつかえる」というブロックを使いました。

これは、ネコちゃん(スプライト1)の表示位置を元の位置からx座標軸上に+10した位置に移動させるということになります。(y座標は変更されない。)

 
Scrtchの座標には、普通の数学で使うグラフと同じように、左右方向にx軸、上下方向にy軸があります。

x軸は右がプラスで、左がマイナス。

y軸は上がプラスで、下がマイナスになります。

 
今回は、「xざひょうを10ずつかえる」=「x座標軸上に+10」ということなので、右に動くことになります。(左に動かす場合は-10ずつかえる!)

 
左上ウインドウ内のネコちゃんをドラッグして好きな位置に移動させてみると、ネコちゃんの位置座標が、そのウインドウ下の「x:」「y:」の右側に数値として表示されます。↓

※正確には、マウスポインタの位置座標が表示されます。

赤矢印の位置に座標が表示されます!
↑クリックで大きくなります♪

ぜひドラッグして確認してみて下さいね^^

 
さらに、

 
今回は、「xざひょうを10ずつかえる」を10回繰り返すことで、連続して右に歩かせることが出来ました!^^

 
今回使った、「10かいくりかえす」や「10ずつかえる」のブロックは、ブロック内の数字を変更することで繰り返し回数や移動距離を変更することができます。

変更は、ブロック内の数字部分をクリックして、キーボードで数字を入力するだけで、簡単に行えます!^^

赤丸内の数字を変更できます!
↑クリックで大きくなります♪

 

スポンサーリンク

まとめ

 
Scratchプログラミング初級1「スプライトをクリックして歩かせよう♪」、ということで記事を書かせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

キャラクターが動くと、簡単なゲームならすぐに創れてしまいそ~な気分になりますよね^^

繰り返しの回数や、移動する数値を変更して、自分の思ったようにネコちゃんを動かしてみてくださいね!

マイナス数値を設定して、左方向に動かしてみても面白いと思います!^^

 
↓こちらで色々なScratchプログラムを公開してますので、ぜひ覗いてみてくださいね♪
https://scratch.mit.edu/users/share-lab/

 
じゃあ、今回はここまでっ!!

ではではっ!(´∀`*)ノシ

 

オススメの書籍

「楽天」

 
「Amazon」

小学生からはじめるわくわくプログラミング2

 
小学生からはじめるわくわくプログラミング

 
5才からはじめる すくすくプログラミング

 
Scratchではじめよう!プログラミング入門

 
ゲームで遊ぶな、ゲームを作ろう!スクラッチ2.0アイデアブック―ゼロから学ぶスクラッチプログラミング

 

ランキング

 
↓ランキング参加してます!よろしければ、クリックで応援して下さいっ!

にほんブログ村

 
↓こちらもお願いしますっ!

人気ブログランキングへ
 

 

最後までお読みいただいて、ありがとうございます。

もしこの記事を気に入っていただけたなら、SNSで共有していただけると、とても嬉しいです!どうぞ、よろしくお願いいたします!m(_ _)m

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『みなラボ』をフォローしよう!

Feedly、RSSはこちら!!

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です