pokemon-top

人類を仮想現実の世界へ誘うのはポケモンGO(Pokemon Go)かもしれない

いつも「みなラボ」にアクセスいただいてありがとうございます!(´∀`*)ノシ

↑みなラボのページに「いいね!」はコチラから↑(>∀<)ノ☆ 


こんにちは!や~べ~です。

妄想がひどいタイトルですが、夢見がちな性格でして、ついつい。。。(笑)

 
今回は、人類を仮想現実の世界へ誘うのはポケモンGO(Pokemon Go)かもしれない、ということで記事を書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

人類を仮想現実の世界へ誘うのはポケモンGO(Pokemon Go)かもしれない

いつかは実現するかもしれないと思っていた「マトリックス」のような完成された仮想現実がポケモンGOのブレイクをキッカケに急速に発展していく可能性があるのではないかと思っているのですが、みなさんはどう思いますでしょうか?

ソーシャルゲーム一本に、そんな大きな可能性があるの??いや、無いでしょ~。って思う方も多いと思います。

 
が、

 
ただ、こちらの公式動画を見てみて下さい。(↓クリックで動画再生できます)

 
こちらの動画には、ポケモンGOの進むべき方向が示されていると思います。

現実世界にあたかも実際に存在するかのような、ポケモンやモンスターボール、さらに身近なポケモンまでの距離、方角の表示など。

あっ!ピカチュウが

捕まえたっ!

ポケモンまでの距離は

 
トレードもこんな感じ。

トレードの様子

 
ニューヨークのタイムズスクエアでの突然のミッション&バトル。

タイムズスクエアを歩いていると、

突然、ミッションが

バトルをみんなで見守って

ピカチュウとミュウツー激突

 
現時点での技術でも、VRゴーグルを使って、拡張現実(AR)として実現することができるとは思います。

オペレーションにハイスペックなPCが必要なので、ある特定の場所での拡張現実を使ったバトルなどはすぐにでも実現できると思います。

(現状では、PCスペックが低いとクオリティーが下がってしまいます!)

 
しかし、オペレーション用のPCが必要となると、歩き回ってポケモンを探す時には、VRゴーグルは使えません。

大きなハイスペックPCと大容量バッテリーと一緒に移動できれば、可能だと思いますが。

(小型のクルマなら可能かもしれませんね^^論点が少しずれてしまいますね。すみません。)

 
全天球カメラの装備された帽子をかぶって、VRゴーグルを装着し、PCとバッテリーの入った大きなリュックを背負うようなスタイルなら、現時点でも可能かもしれませんね。

かなり重そうですね。。。

 

スポンサーリンク

ポケモンプロジェクトなら高度なVRシステムが創れるのでは?

どこでもVRゴーグルが使えるようになるには、もっとスマートな構成で手軽に使えることが条件だと思います。

その実現には、VRシステムの高度化が必要だと思います。

 
自分の考え着く範囲でも、画像の処理や表示についての技術、小型省電力ハイスペックPC、大容量小型バッテリー、高速無線通信、などの基礎技術の革新的進歩が必要だと思います。

 
それらの技術開発を進める為には、多くの予算と時間を投資がする必要があると思います。

 
今までは、そんな投資ができる企業は日本には無かったと思います。

しかし、このポケモンGOを運営する、株式会社ポケモン、Niantic, Inc.、増田順一氏、任天堂株式会社、を中心としたプロジェクトならば、充分にその投資が可能なのではないかと思います。

もちろん、プロジェクトの方向性によって進む方向は変わるとは思いますが、実世界でポケモンを楽しもうとすれば、VRシステムの高度化がどうしても視野に入ってしまうのではないかと思います。

 
ポケモンGOのこの短期間での人気と、これまでのポケモンシリーズの世界的なブレイクと息の長さを考えれば、ポケモンGOは間違いないポテンシャルを秘めていると思います。

ファンも創り手も今までに無い新たなゲームの世界を望んでいると思います。

今のVRシステムの上を行くような、新たな装置の開発が始まると非常に面白いと思います。

 

スポンサーリンク

近い将来の拡張現実とは

近い将来、VRシステムが革新的な進化を遂げることができれば、メガネをかけるかのごとく、VRゴーグルをかけるようになると思います。

もっとも将来的には、VRゴーグルは「スマートなメガネ状」に進化してるかもしれませんが。

 
そうなれば、現実と拡張現実が完全にリンクした世界になると思います。

人々は拡張現実を介して様々な情報のやりとりをするようになると思います。

 
言葉だけではなく、3D映像を交えて、どこでも会話できるようになると思います。

言葉だけで伝えるのは難しい、カタチやデザインもストレスなく伝えることができると思います。

メガネをかけるだけで、実際にそこに有るかのように、3D映像を見ることができると思います。

 
そこまで拡張現実が浸透した世界が実現されれば、現実と瓜二つの「仮想現実」を使って様々な体験をすることも許容されていくと思います。

「マトリックス」の世界のようなを「抜け出せない仮想現実」とはならないと思いますが、仮想現実を実現させる方向へ世界が動いていく可能性も十分に考えられるのではないかと思っています。

 
参考記事(5記事)

『Pokémon GO』公式サイト

・世界で巻き起こる「ポケモンGO旋風」がハンパない

Pokémon Goは現実の人の流れを作り出した―ポケストップ、ポケモン・ジムも登場

【必見】『ポケモンGO』でまずやるべき6つのこと

Oculusと話題のPS4用VR(PlayStation VR)を比べてみた

 

まとめ

妄想が膨らみすぎて、色々と書き過ぎてしまいましたが、

想像できたことは現実になりうると思うので、現実と見分けのつかない程の「仮想現実」、生きている間にぜひ体験してみたい!っと言うのが本音です。(笑)

 
実は、今まではポケモンのゲームをあまり触ってこなかったのですが、ポケモンGOはダウンロードして遊んでみようかと思います!(にわかファンで申し訳ないですが。。。^^)

情報によれば、今週(2016年7/11週)には、日本でもダウンロード解禁になるとの事なので、今日あたり正式発表があるかもしれませんね!

乗り遅れないように、そのあたりの情報も随時チェックして行こうと思います!^^

 
じゃあ、今回はここまでっ!!

ではではっ!(´∀`*)ノシ

 

ランキング

 
↓ランキング参加してます!よろしければ、クリックで応援して下さいっ!

にほんブログ村

 
↓こちらもお願いしますっ!

人気ブログランキングへ
 

この記事を読んでいる人はこちらの記事も読んでいます。(※広告も含む。)

 

 

最後までお読みいただいて、ありがとうございます。

もしこの記事を気に入っていただけたなら、SNSで共有していただけると、とても嬉しいです!どうぞ、よろしくお願いいたします!m(_ _)m

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『みなラボ』をフォローしよう!

Feedly、RSS、Push7はこちら!!

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です