ラズパイより優秀?!2000円のこどもパソコン『Ichigojam』の組立から使い方まとめ

いつも「みなラボ」にアクセスいただいてありがとうございます!(´∀`*)ノシ

↑みなラボのページに「いいね!」はコチラから↑(>∀<)ノ☆ 


こんにちは!や~べ~です。

今回は、ラズパイより優秀?!2000円のこどもパソコン『Ichigojam』の組立から使い方まとめ、ということで記事を書いていきたいと思います。

 
そもそもなんですが、みなさん『Ichigojam』ってご存知でしょうか?

 
『Ichigojam』とは、プリント基板に、大きなICのような形状のARMマイコンと電源用マイクロUSB端子、それと映像出力用ビデオ端子、キーボード入力用PS/2端子、が備わった小型コンピューターのことです。

株式会社 jig.jpという、福井県鯖江市のIT企業が開発されたそうです。

 
Ichigojam公式ホームページ
http://ichigojam.net/index.html


ichigojam-top2

 
はんだづけで組み立てが必要なタイプ、はんだ済みですぐに使用できるタイプ、可愛いイチゴモチーフの瓶に周辺機器が一式セットになったタイプなどがあります。

購入はアマゾンや秋月電子通商でも可能です!

 
今回は、はんだづけを実際に行って組み立てていくところから、チャレンジしてみました!その様子はのちほど!

 

スポンサーリンク

『Ichigojam』はラズパイよりも優秀!?

調べてみると、この『Ichigojam』はある部分においては、あのラズパイよりも優秀だと感じたので、少し書いておきます。

 
こちらの記事でも比較されてます!↓

IchigoJam vs Raspberry Pi / 手軽さで勝負!

 
スペック比較参考)

メモリ:IchigoJam⇒4KB、ラズパイ⇒512MB

周波数:IchigoJam⇒48MHz、ラズパイ⇒700MHz

価格:IchigoJam⇒$15、ラズパイ⇒$35

 
IchigoJamのマイコン詳細)

IchigoJamのマイコン⇒LPC1114のDIPパッケージ

マイコンのスペックはこちら↓

LPC1100(X)Lシリーズ – Cortex-M0
http://www.nxp-lpc.com/lpc_micon/cortex-m0/lpc1100xl/

 
マイコンのスペック(周波数、メモリ)などでは勝ち目はありませんが、「価格」と「初期設定の簡単さ」については、圧倒的にIchigojamに軍配があがると思います。

初期設定の簡単さについては、ラズパイはOSとなるLinuxなどのインストールから始める必要がありますが、Ichigojamは基本的には、電源とケーブルを繋いで、電源スイッチを入れるだけで、動きます。

 
細かな設定が一切不要なんです!^^

 
このあたりはさすがに「こどもパソコン」と謳っているだけあって、とても良いポイントだと思います。

子供がやりたいと思っても、親がある程度準備できるものでなければ、なかなかその経験を与えることはできませんからね!^^

細かな設定が必要ないとなれば、あまり機械に詳しくないお母さん方でも、キットと周辺機器を準備するだけで、簡単にこどもにプログラミングを経験するチャンスを与えることができると思います。

 
さらに書くと、ラズパイは海外製なので公式サイトなどが全て英語です。

様々な方が日本語でブログ記事を書いているので、それをインターネットで検索しながら設定すれば問題ありませんが、上手く動かない場合は悩んでしまうと思います。

 
しかし、IchigoJamは日本の企業が開発したものですので、全て日本語のチュートリアルが公式ホームページにアップされています。

FacebookでのIchigoJam専用コミュニティーもあるようなので、上手く動かないようなトラブルの際にもスムーズに相談でき、すぐに問題解決できてしまうのではないかと思います!

 
そういった部分からも、「初期設定の簡単さ」はIchigojamが優勢だと思います。

 

スポンサーリンク

『Ichigojam』のはんだづけとケーブルの接続方法、動作確認

さて、そんな簡単作動が可能なIchigojamのはんだづけとプログラミング体験ができるイベントが、地元のメイカーズ・ラボとよはしにて、うずらインキュベーター(Code for MIKAWA)主催で開催されるとの情報を得たので、先日参加してきました。↓

 
IchigoJamおじさんの半田付けナイト!

ichigojamnait1

 
その時の内容をもとに、Ichigojamのはんだづけ、周辺機器との接続について↓の記事にまとめさせていただきます。

Ichigojamのはんだづけとケーブルの接続方法、動作確認
http://share-lab.net/ichigojam2

ichigo-hannda1

 
はんだづけ後、動作確認OKということで、ご褒美に地元のヨシノパン製イチゴジャムパンもらっちゃいました!^^

イチゴジャムパンもらっちゃいました!^^

 
豊橋技術科学大学のオープンキャンパスでも「自分のコンピュータをつくってみよう!」という事で、Ichigojamのはんだづけとプログラミング体験ができるイベントが開催されました!↓

第33回 豊橋技術科学大学 オープンキャンパス
http://www.tut.ac.jp/exam/opencampus/opencampus2016/sp1.html

gika-opn-1

 
↓これは午前中の部の様子ですが、小学生が先生の講義を聞いて、案外上手にはんだづけしてました~!

最近の小学生は器用ですね!(笑)

技科大オープンキャンパスの様子

 

スポンサーリンク

『Ichigojam』のプログラミング例

Ichigojamのプログラミング例については↓の記事にまとめさせていただきます。

※順次記事アップしていく予定です。

 
Ichigojamのプログラミング初級1「Lチカ」
http://share-lab.net/ichigojam3

ichigo-lchi-1

 
Ichigojamのプログラミング初級2「キーコードの取得と表示」
http://share-lab.net/ichigojam4

ichi-key-01

 
Ichigojamのプログラミング初級3「疑似キャラクタのキー操作」
http://share-lab.net/ichigojam5

ichi-kyara-1

 

『Ichigojam』応用編(ピン配置、I/Oなど)

Ichigojamを応用的に使う為の情報などをまとめてみます。

 

ピン配置について

 
IchigoJam 1.2 Cheat-Sheet
http://www.openspc2.org/reibun/IchigoJam/etc/cheat-sheet/0002/index.html

cheat-sheet

↑このページの左下にマイコンのピン配置が記載されています。

組み立てキットのマイコンに貼るシールと同じものです。

 

I/Oについて

 
IchigoJam BASIC リファレンス ver 1.2
http://ichigojam.net/IchigoJam.html

refarenns1

↑このリファレンスと先ほどのピン配置を参考に、I/Oを分かる範囲で解説していきます!

 

音声出力⇒1チャンネル

「SOUND、GND」

スピーカーを「SOUND」と「GND」に接続して使用します。

 

デジタル出力⇒6本

「OUT1~6」

3.3V出力。

内4本(OUT1~4)はデジタル入力(IN5~8)、アナログインプット(IN5~8)と共用。

内4本(OUT2~5)はPWM出力と共用。

 

デジタル入力⇒8本

「IN1~4」、「IN5~8(OUT1~4)」

3.3V入力。

内5本はアナログインプット(IN2、IN5~8)と共用。

 

アナログインプット⇒5本

「IN2」、「IN5~8(OUT1~4)」

3.3V入力。

分解能は1023。

 

PWM出力⇒4本

「OUT2~5」

3.3V出力。

詳細は先ほどのリファレンスに記載あり。

 

シリアル通信⇒1チャンネル

「TXD、RXD」

初期ビットレート⇒115,200bps

 

I2C⇒1チャンネル

「SCL=EX1、SDA=IN3」

I2Cの詳細は↓のサイトを参考にしてください。

 
ボクにもわかるIchigoJam用I2Cキャラクタ液晶LCDの接続方法
http://www.geocities.jp/bokunimowakaru/diy/ichigojam/lcd.html

bokunimowakaaru1

 
ここに無い詳細情報は、マイコンのデータシート↓で確認してみて下さい。

LPC1100(X)Lシリーズ – Cortex-M0
http://www.nxp-lpc.com/lpc_micon/cortex-m0/lpc1100xl/

lpc1100siris1

IchigoJamのマイコンは、「LPC1114のDIPパッケージ」です。

 
その他気が付いたことを順次アップする予定です!

 

まとめ

ラズパイより優秀?!2000円のこどもパソコン『Ichigojam』の組立から使い方まとめ、ということで記事を書かせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

ラズパイより優秀なIchigojamの「初期設定の簡単さ」、分かって頂けたかと思います。^^

はんだづけの様子、周辺機器の接続についても是非参考にして下さいね!

 
入出力の仕様の部分については、案外色々とやれそうな雰囲気を感じますよね!^^

ディスプレイに表示させるゲームなどのプログラミングも良いと思いますが、モーターなどを使った動くモノのプログラミングにも充分使えるスペック(速いコントロールは難しいかも。。)だと思いますので、そういったプログラミングにもチャレンジしてみると面白そ~ですね!^^

 
じゃあ、今回はここまでっ!!

ではではっ!(´∀`*)ノシ

 

オススメの書籍、キット

「Amazon」

みんなのIchigoJam入門 BASICで楽しむゲーム作りと電子工作

 
こどもパソコンIchigoJam はじめてのでんし工作

 
こどもパソコンIchigoJam U スターターフルセット

 
【ノーブランド品】2系統の映像入力 12V車用 ミニオンダッシュ液晶モニター 4.3インチ バック切替可能

 
↑このモニターにはこちらのACアダプター電源も必要です!

マザーツール GF12-US1210 ACアダプター

 
サンワサプライ PS/2キーボード SKB-L1BK

 
フジパーツ AVケーブル 1ピン-1ピン 1m FVC-124A

 
ELECOM Android対応 【急速充電】 AC充電器 ケーブル一体型 1000mA 2.5m ホワイト MPA-ACMA2510WH

 
アクリルケース for IchigoJam U (クリア)

 

ランキング

 
↓ランキング参加してます!よろしければ、クリックで応援して下さいっ!

にほんブログ村

 
↓こちらもお願いしますっ!

人気ブログランキングへ
 

スポンサーリンク

この記事を読んでいる人はこちらの記事も読んでいます。(※広告も含む。)

 

 

最後までお読みいただいて、ありがとうございます。

もしこの記事を気に入っていただけたなら、SNSで共有していただけると、とても嬉しいです!どうぞ、よろしくお願いいたします!m(_ _)m

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『みなラボ』をフォローしよう!

Feedly、RSS、Push7はこちら!!

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です