hyoushi2

キミも明日のゲームクリエーター!ゲーム開発環境『Unity』がアツいっ!

いつも「みなラボ」にアクセスいただいてありがとうございます!(´∀`*)ノシ

↑みなラボのページに「いいね!」はコチラから↑(>∀<)ノ☆ 


こんにちは。

や~べ~です。

記事の執筆は久しぶりですが、みなさまいかがお過ごしでしたでしょうか??

最近めっきり寒くなりましたね~。

もうそろそろ冬支度しなきゃって感じですね~。

気温の低下とは裏腹に自分の中で今アツい、ゲーム開発環境「unity」について今回は書いていこうと思います!

 
みなさんは「unity」ってご存知ですか?

ゲームクリエイト用の統合開発環境で、最近では「ドラクエ」や「白猫」などの有名なゲームの開発もこのunityで行われているそうです。

見た目は直感的に操作できそうな開発環境ですが、スクリプトには「C#」や「Java」が使われているようです。

ダウンロード無料で、2Dゲームはもちろん、3Dゲームも制作でき、AndroidアプリやiPhoneアプリへのビルド(実行ファイルの生成)も可能です。

昨今、話題となっているVR(バーチャルリアリティ)ヘッドセットのOculus Rift(オキュラス リフト)にも対応しているようです。

個人で色んなゲームをクリエイトできるなんて、かなりアツいことになっているなと感じます!

「unity」ダウンロードはコチラから。

先日、地方の豊橋市でもこのunityの取扱いの講義が聞けるという情報を得ましたので、参加させて頂きました。

その内容を少し紹介させて頂きます。

 
豊橋市のレトロゲームクリエーター 珠-ON(タマオン)さん(本名:岡本さん)が主となって、開催して頂きました。

岡本さんのブログはコチラ。

準備や調整等ありがとうございました。

講師は、unityの山村さんという方でした。

カリオンビル4階の小会議室で開催されたのですが、ほぼ満席状態で、なかなか熱気に溢れた感じでした。

豊橋市内の方よりは、豊田など周辺地域の方が多かったようです。

自分は時間ギリギリになってしまって、バタバタと準備をしていたので、始めの方の講義内容(主に教材ダウンロード)が遅くなって、四苦八苦してしまい、周囲の方には少し迷惑だったかと思います。

お隣の方が快く説明をしてくれたので、だいぶ救われました。ありがとうございます!!

 
さて、講義の内容ですが、「2Dのシューテイングゲーム」を作ろうという内容で、ゲームのパーツはほぼ全て用意されている中で、実際に組み合せてみて、どんなゲームが出来上がるのかという部分が主な内容でした。

講義の導入部分では、unityの構造的な部分、考え方の部分を聞く事ができたので、とても良かったです。

個人的に、ネットで調べながら色々と操作はできるのですが、「こういう構造だから、こうする」的な基礎の部分が分からないと、なかなか応用的に使うことができないので、とても参考になりました。

以下、講義内容を少しまとめてみました。

 

スポンサーリンク

unity講義内容(2Dゲーム)

 

1.ウインドウの調整と役割

ウインドウの役割c

 
「Scene(シーン)」ウインドウ

  =神様視点、全て見える。(ゲーム外も)

 
「Hierarchy(ヒエラルキー)」タブ

  =オブジェクト一覧。

 
「inspector(インスペクター)」タブ

 =物理演算、サークル当たり判定などのコンポーネント一覧。

 
「project(プロジェクト)」タブ

  =フォルダ一覧。

  アセットの下にあるものを認識している。

  アセット=unityマークのファイル。

  アセット≒ファイル。

  アセット=モデル、音楽、スクリプトなどの事。

unityの基本的な考え方は、「オブジェクトにコンポーネントを与えて」動きをつくる。

 

2.コンポーネントについて

オブジェクトに様々なコンポーネントを追加することによって、色んな動きを表現できるようになります。

今回は、物理演算(Rigidbody2D)というコンポーネントの追加を行いました。

オブジェクトを選択して、「inspector(インスペクター)」タブの「Add Component」をクリック。

検索窓で「Rigidbody2D」を入力し、適用していきます。

物理演算の追加c

 

3.プレハブについて

プレハブとは、オブジェクトにコンポーネントを追加したものをテンプレート化することで、同じオブジェクトに同じコンポーネントが追加されたものを複製する際に重宝します。

プレハブ=コンポーネントのテンプレート化

あらかじめオブジェクトにコンポーネントを追加しておきます。

「Hierarchy(ヒエラルキー)」タブに表示されているオブジェクト名をドラッグしながら、「project(プロジェクト)」タブに移動させると、青い立方体のアイコンのついたファイルが生成されます。

このファイルを「プレハブ」といい、適用する際には、、「project(プロジェクト)」タブから「Scene(シーン)」ウインドウへドラッグします。

テンプレートなので、何個でも複製可能です。

プレハブ1

 

4.ゲームづくり

 

4-1.まずは、「New Scene」で新しいシーンを開く

新しいシーンを開く

開くと、「Hierarchy(ヒエラルキー)」タブにはMainCamereのみあります。

そこに、ゲームに必要なオブジェクト(ゲームオブジェクト)を追加していく事で、ゲームが完成します。

「背景、UI、敵の挿入、BGM」については、作って頂いてあるものを「project(プロジェクト)」タブから「Hierarchy(ヒエラルキー)」タブにドラッグして適用していく流れでした。

 

4-2.敵の並べかた

モデル移動

ウインドウ左上の十時矢印マークを押すと、移動させるモードに。

(キーボードTを押しても移動できる)

シフト押しながらだと並行移動。

 
モデル回転

ウインドウ左上の回転矢印マークを押すと、回転させるモードになります。

 

4-3.完成

ビルドしてみるとこんな感じになります。(↓動画です。)

※音のキャプチャができなくて、無音になってます。すみません。。。

 


パーツを一つ一つづつ作りこんでいくとなると、かなり大変になると思うのですが、出来ているものを組み合わせて作っていければ、比較的簡単にできるもんなんだな
という事がわかりました。

unityにはアセットストアというものがあり、さまざまなパーツが無料のものから有料のものまで販売されています。

そういうものを組み合わせていくと、一から作るわけではないので、製作にかかる労力も短縮でき、誰でも比較的簡単に本格ゲームをつくることができるのではないかと感じました。

個人でも、面白いと思えるアイデアからゲームづくりを始めやすくなって来ているなと感じます!

アイデアをまとめて近いうちにオリジナルゲーム作ってみたいと思います。その時は、製作の様子を記事にしていこうと思いますので、乞うご期待ください!

みなさんも『unity』かじってみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

オススメの書籍

レトロゲームクリエーター 珠-ON(タマオン)さんも購入されたというこちらの書籍が参考になると思います!

Unity5 3D/2Dゲーム開発実践入門 作りながら覚えるスマートフォンゲーム開発

 
↓ランキング参加してます!よろしければ、クリックで応援して下さいっ!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 
↓こちらもお願いしますっ!

人気ブログランキングへ

 

 

最後までお読みいただいて、ありがとうございます。

もしこの記事を気に入っていただけたなら、SNSで共有していただけると、とても嬉しいです!どうぞ、よろしくお願いいたします!m(_ _)m

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『みなラボ』をフォローしよう!

Feedly、RSSはこちら!!

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です